« 上戸彩李香蘭の番組影響倍率 | トップページ | 沢口靖子「李香蘭」 »

2007年6月13日 (水)

乾杯の歌の歌詞

乾杯の歌は1941年(昭和16年)2月11日に日劇のコンサートで歌われた中の一曲のようだ。全曲目は当時の新聞広告(「李香蘭」を生きて 日本経済新聞社出版 掲載)を見ると、「満州国国歌」、「いとしあの星」、「蘇州夜曲」、「支那の祭」、「支那の夜」、「東洋風組曲」、「紅い睡蓮」、「甘い言葉」、「乾杯の歌」となっており、宣伝文句が、「満映スター李香蘭 紀元節を記念して日満歌の親善」となっている。

さて、この日劇の「歌う李香蘭」と銘打ったコンサート、李香蘭の護衛に児玉英水(コダマヒデミ)という男性がついていた。彼は宮崎県出身で、演劇芸術の分野ではなかなかの才能のある人だったようだ。児玉英水


ドラマの中では児玉英水がプロデュースした演劇が李香蘭コンサートのためにキャンセルになったと演出されていたが、実際は出身の宮崎の民俗芸能をモチーフとした演劇で1ヶ月のロングランが行われ17万人もの観客を集めたようだ。彼は音楽・演劇の才能に加えて、明るく快活でかつ男性的な正義感の持ち主だったようだ。李香蘭にとってみれば、慣れない日本という国で心細かった時に、頼れる男として児玉英水に対して恋心を抱いたのもわかるような気がする。ドラマでは残念ながら、単なる護衛の男性に李香蘭が気を引かれたようになっていて、彼の優秀なプロデューサーとしての才能の描かれ方が少なかったので、唐突に李香蘭が恋心を告白するような感じになってしまっていた。限られた時間枠の中でギリギリの演出だから仕方ないか。

彼は報道班として出征し、昭和20年2月、アメリカ軍のフィリピン上陸に抵抗する日本陸戦隊に同行、3月初旬に部隊が全滅しており、そのときに戦死したものと思われる。そのころ李香蘭はといえば6月に上海で開かれた「夜来香幻想曲」なるコンサートの準備を始めるころだろう。

Photo_9 さて、乾杯の歌の歌詞です。イタリアの椿姫なるオペラの中の歌の日本語版ですが、私はこの歌詞が一部ずっとわかりませんでした。上戸彩さんは、濁音をあまり濁らせずに発音しますので、「友よ、いざ」という部分が「トモーヨイサ」とか「この夜にさ」とか聴こえてずっと引っかかっていました。私が詩心があれば類推して簡単にわかるのでしょうけど、頭固いのでわからず。いろいろ検索したところ、複数の全く違う日本語歌詞がありましたが、「上戸彩李香蘭」的には、下記の歌詞になります。微妙にオリジナル歌詞のようです。 私はこのドラマ中の乾杯の歌のシーン、ジーンと来たシーンのひとつです。昭和16年頃の日本人て、コンサートで一緒に歌手に合わせて歌を歌うとかのイメージが全くありませんでした。でもこのシーンを見て今の若者と一緒なんだってわかりました。いつの世も楽しいことが人間は好きなんだと。戦争なんかは忘れてしまいたいと。そんな気持ちがよく伝わるシーンでした。
上戸彩の乾杯の歌はここをクリック

Libiamo 「乾杯の歌」
作曲:Verdi

友よ
いざ飲み明かそうよ
心行くまでに

誇りある青春の日の
楽しい一夜を

若い心には
燃える恋心
やさしい瞳が
愛をささやく

またと帰らぬ日のために
杯(さかずき)を上げよ

|

« 上戸彩李香蘭の番組影響倍率 | トップページ | 沢口靖子「李香蘭」 »

上戸彩主演ドラマ「李香蘭」」カテゴリの記事

コメント

makoさん コメントありがとうございます。

前に途中まで聴いていた「涙の虹」ですが、改めて全部聴いてみました。高音の部分は初めて聴きました。なかなか情感のある歌声ですね。文春のコラムに「ひたむきさ」を感じるってありましたけど、これは上戸彩さんの持ち味なのかもしれませんね。歌やドラマに限らず、われわれの仕事にしてもなんにしても全て人の心を打つのはそういう部分なのかな、と最近よく思います。ただひたむきさが売りになった場合、それを感じられない歌や演技、仕事には厳しい評価が来るので、怖くもあるのですが。

彼女の声ついでに書きますと、上戸彩さんのラジオ、21peaceの最終回をネットで探して聴いてみました。彼女が福山雅治さんなどの応援メッセージに返すささやくような声がこの上なく情感がこもっていて印象的でした。元気いっぱいの張りのある声からしっとりと抑えた声まで、守備範囲の広い声を持ってますね。

投稿: bikoran | 2007年6月17日 (日) 21時29分

上戸彩さんの新曲「涙の虹」は実に良い曲ですね。
近田春夫氏(ミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー、音楽評論家)が、週間文春(6月21日号)64ページのコラム タイトル「考えるヒット/女優だけじゃない上戸彩、初の作詞挑戦も脱帽モノ」で、
1頁を丸々使って、上戸彩「涙の虹」の作詞と歌唱をベタ褒めしています。
皆さん、ご存知でしたか?
もし読んでいなかったら、是非目を通されることをお勧めします。

投稿: mako | 2007年6月17日 (日) 04時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/396772/6766853

この記事へのトラックバック一覧です: 乾杯の歌の歌詞:

« 上戸彩李香蘭の番組影響倍率 | トップページ | 沢口靖子「李香蘭」 »