« 座談会での李香蘭 in 上海 (2) | トップページ | youtubeの書き込みより »

2007年9月22日 (土)

「色 戒」 Lust Caution(ラスト、コーション) 

李香蘭と終戦直前の上海で対談を行い、自身の恋愛観にもとづく小説を書くことになるだろうと答えていた張愛玲(チャン アイリーン)。戦後いくつかの恋愛小説が書かれたようですが、ごくごく最近、世界的に有名になった彼女の短編小説のタイトルが「色、戒」です。ちなみに読み方は、中国語のピンイン変換というサイトに入力すると出るのですが、「色」はスー、「戒」はジエですので、「スー、ジエ」とでも読むと中国っぽい雰囲気出るかと思います。ちなみに日本での映画のタイトルは英語で「Lust, Caution」(ラスト コーション)となるようです。

(この記事を書いた後、原作者が小説のモチーフとした女性、テンピンルーについて記事を書きましたのでリンクを置いておきます。 「日中戦のはざまで テンピンルーの悲劇」←クリック)

Photo小説「色 戒」のあらすじ

日本軍の中国への圧力が高まっている1930年代後半、香港の数人の学生が愛国心から抗日グループを結成した。親日政権のリーダーになる汪精衛(別名汪兆銘)の一行が香港を訪れるという情報を得た彼らは、グループ内の美人学生、王佳芝(ワン チアーチー)にハニートラップ(色仕掛け)を命じ、汪兆銘の側近「易」(イー)を誘惑し暗殺する計画を立てた。

Photo_2 王佳芝はグループ内のある男性への恋心から、しぶしぶこの計画を承諾する。しかし汪精衛らは上海にすぐ帰ってしまった。学生らは上海の大学に転校し、蒋介石国民党政権のプロの地下工作員に接触、行動を再開した。王佳芝は汪精衛政権の高官に昇進していた易を今度は誘惑することに成功し、男女の関係になる。

Photo_3 ある日、彼女は易に宝石をねだり、繁華街の宝石店に誘い出した。学生らは武器を持って店の外で待ち伏せしていた。二人は仲良く宝石店に入る。学生らの暗殺は成功するかに見えた。その場でダイヤモンドを王圭芝にプレゼントする易。小さな頃から他人の愛情を素直に受け取ることのできなかった王佳芝はふと、「この人こそ本当に私を愛してくれているのかもしれない」と感じる。心に動揺が走る王佳芝。果たして彼女は易に対し逃げるように目配せした。危険を察知した易はぎりぎりのところで逃げ出すことに成功した。彼はすぐさま周辺の道路封鎖を命じ、学生らは王佳芝も含め全員が捕らえられる・・・

こんな感じです(注:小説のあらすじであり、映画の脚本はまた別になるはずです)。28ページほどの短編小説らしいです。なぜにこの小説が世界的に有名になったかと言うと、2007年9月のベネチア映画祭で金獅子賞(最優秀作品賞)を取った映画が「色 戒」なのです。上の写真がそのシーン。この映画の監督はアン リーという米国在住の台湾人で、主人公を演じるのはトニーレオン、ヒロインの王佳芝役は新人女優、湯唯(タンウェイ)。台湾では今月中に公開されるようです。男女間の「愛情表現」?に刺激的なシーンが多いらしく米国では成人指定になったようです。日本での公開時には多少の編集が入ることでしょう。ちなみにこの映画の上海ロケは2006年11月中旬から上海影視楽園で行なわれました。上戸彩「李香蘭」が2006年の11月上旬まで同じ撮影所だったようなので、ちょうどバトンタッチされた感じですね。「色 戒」のほうでは南京西路の建物を追加で建築したようです。

李香蘭との対談では、李香蘭の気持ちを代弁し、「彼女はもはや平凡でお決まりの愛ではなく、「激情」の愛を演じたいはずだ」、と語った張愛玲。これは両親の離婚、親日派で後に漢奸容疑をかけられる夫をもつ身、その夫の浮気など複雑な環境におかれていた彼女自身の気持ちの吐露でもあったはずです。そして「未来の東洋の映画にはきっと希望があります。なぜなら視覚芸術は東洋人にとって、とりわけ気質的に親しみやすいからです」と語った予言めいた言葉。62年後のベネチアで自身の小説が原作の映画によって、確かに実証される形となりました。

※注意:「色 戒」のヒロインには、作者張愛玲の恋愛観が強く投影されており、小説のモチーフとなった鄭蘋茹(テンピンルー)とは切り離して考えたほうがいいようです。テンピンルーについてはこちらをご覧ください。l ピンルーに関しての文献は一次資料も含め幾つも当たりましたが、記述内容はばらばらでした。戦後台湾に渡りロサンゼルスに移住したピンルーの妹、鄭静芝(別名鄭天)氏は9月11日、ロサンゼルスで記者会見を開き、「映画は娯楽作品であり多くの想像の産物です。映画での女性主人公のイメージは姉の実像とイコールではありません」と発言しているようです。

参考:論文「引き裂かれた身体 張愛玲「色 戒」論」/東京大学非常勤講師 邵迎建

論文「張愛玲における時代と文学」/共栄女子短大教授 池上貞子

|

« 座談会での李香蘭 in 上海 (2) | トップページ | youtubeの書き込みより »

テンピンルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 座談会での李香蘭 in 上海 (2) | トップページ | youtubeの書き込みより »