« 「涙の虹」と上戸彩「李香蘭」 | トップページ | 日中戦のはざまで 鄭蘋如(テンピンルー)の悲劇 後編 »

2008年1月 8日 (火)

日中戦のはざまで 鄭蘋如(テンピンルー)の悲劇  前編

(注:長文記事です)

__________________________

李香蘭は終戦の一ヶ月前、上海で張愛玲(チャンアイリーン)と対談し、映画談義に華を咲かせた。その張愛玲の短編小説「色 戒」が2007年秋、映画「色 戒 (ラスト、コーション)」 (Lust Caution)として公開され、ベネチア映画祭で金獅子賞をとった。この原作のヒロインのモチーフとなったのが鄭蘋如(テンピンルー)である。

「日中戦のはざまで 鄭蘋如(テンピンルー)の悲劇 後編」はこちら←クリック

Photo

鄭蘋如(テンピンルー ていひんじょ Zheng Pingru 郑苹如)は日本で生まれた日中混血の美しい女性だ。姉、二人の弟、妹の5人兄弟である。彼女の父は鄭鉞(ていえつ テンユエ Zheng Yue)といい、清の時代末期の1906年、浙江省の官費留学生として28才の時に来日した。蒋介石の日本留学と同じ年である。まず岩倉鉄道学校に入学、2年後の1908年に法政大学の清国留学生法政速成科に入学した。卒業生には汪精衛(汪兆銘)らの名前も見ることができる。彼ら中国からの留学生は、明治維新を成功させた日本に学び、新しい中国の国作りに燃えていた。

鄭鉞(ていえつ)はやがて、茨城県真壁出身で東京都牛込区(現新宿区)東五軒町20番地の下宿屋林館で働く木村はなという女性と知り合い結婚した。彼が住むその林館は孫文の主宰する「中国革命同盟会」という中国人組織の本部でもあった。彼は勉学のかたわら、中国の革命運動に従事していた。後に互いに争うことになる蒋介石と汪精衛もこの同盟会のメンバーであった。鄭鉞(ていえつ)は1912年7月に一旦法政大学の清国留学生速成科を卒業。ちょうど妻のはなが長女真如を出産する前後のころだ。その後彼は本科に再入学し、4年後の1916年7月に第32期生として法政大学を卒業している。

法政大学の1914年5月17日印刷の名簿には、鄭鉞の住所が東京牛込区早稲田鶴巻370番地と記載されている。長女真如(しんにょ チェンルー)が2才、そして次女ピンルーを身ごもったことで、育児のためだろうか、人の出入りの激しかった下宿屋林館から一家は引っ越したようである。

Photo_2(写真は10才頃のピンルーと母親木村はな)

ピンルーの生まれは諸説あり、最も早い生まれは、1914年5月15日という説である。これは中国の歴史家、許洪新氏によるものだ。1936年2月21日作成の上海法政学院の名簿に、ピンルーは、1916年5月15日生まれ21歳と記載されていることからの類推である。満年齢で記載されているなら、引き算をすると1914年生まれとなる。誕生年が1916年と記載されているが、これでは弟海澄と同い歳になってしまうので記載ミスだろう。民光中学の名簿では、1935年9月時点でピンルーが21才と記載されており、こちらも引き算をすると1914年生まれとなる。

ピンルーの下の弟、鄭海澄(ていかいちょう テンハイチュン)は1916年10月28日生まれという記録が中国空軍の史料に残っている。ピンルーの生まれが弟より前ということはありえないので、ほとんどの中国語サイトに記載されている「ピンルーは1918年浙江省蘭渓生まれ」、という定説は間違いだということがわかる。家族と写っている2枚の写真を見ても海澄はピンルーよりは2才程度幼く見える。

後述する丁黙邨(ていもくそん))による戦後の漢奸裁判での本人答弁では、

「缘郑母系日人,郑在日生长,日语极佳,日友极多,日籍密友亦不少」

(母親は日本人であり、鄭(注:テンピンルー)は日本で生まれ育ち、日本語が上手で、日本人の友人が多く親友もまた少なくない)

と語られている。彼の答弁も、ピンルーが日本で生まれであることを示唆している。

また、ピンルーは1940年1月に日本憲兵隊特高課長の林秀澄に歳をたずねられているが、彼女は26才と答えたようである(林秀澄談話速記録Ⅲより)。当時の中国では日常会話では「数え歳」を使っていたから、満年令でいえば25才ということであろう。

以上のことから、当ブログでは、鄭蘋如は1914年5月15日、東京市牛込区早稲田鶴巻町(現、東京都新宿区早稲田鶴巻町)で生まれ、1940年2月に満25歳で上海で亡くなった、とする。

ピンルーの父、鄭鉞(ていえつ)は、帰国後の1917年1月26日に中国で弁護士資格申請をしている。このことから彼が中国へ帰国した時期は、早くとも大学を卒業した1916年7月から、遅くとも1917年1月の間だということがわかる。妻はな、長女真如、次女ピンルー、長男海澄を連れての帰国だった。父親以外は初めての中国だ。鄭鉞は1919年に陝西靖國軍一等秘書 兼軍法所長への就任を皮切りに、山西省高等法院第一分院院長や福建省高等法院第一分院主席検察官に任官されている。

1928年3月には南京で中央特殊刑事法廷審判員となり、一家は南京に在住、ピンルーら子供たちは転校を繰り返していたと思われる。鄭鉞はその後上海の復旦大学(旧震旦大学)の教授に就任、1935年1月12日、江蘇高等法院第二特区分院主席検察官に任命され、1938年2月には最高法院上海特区分院検察官を兼任した。

10年あまりにおよぶ日本滞在経験と、上海租界での民事、刑事分野で起訴権限を持つ鄭鉞には、上海の治安管理を日本の思い通りにしたい日本憲兵隊が接触を始めた。その動きは台湾憲兵隊から上海へ異動になった林秀澄特高課長が主導した。林は私設秘書の山崎晴一翻訳官を使って鄭家に何度も通わせ、日本側への司法面での協力、さらには親日政権である維新政府の司法部長職に就くよう、執拗な説得工作が行われることになった。母親木村はなは、鄭鉞が病気だと言って、説得に来る来訪者を追い返した。鄭鉞は日本側の誘いを一切断り、無線を使って、漢口、そして重慶まで逃げた蒋介石国民党政府と連絡を維持していた。

Photo 鄭一家は、1931年初頭に上海の菜市路(現、順昌路)太平橋の家から、呂班路(現、重慶南路)沿いの万宜坊(まんぎぼう)67号に引っ越した。フランス租界内の100世帯ほどからなるテラスハウスで、独立した洗面所や応接間を持つ当時としては先進的な住宅だった。妻、木村はなは、鄭華君(テンホワヂュン)という中国名をつけ、中国に骨を埋めるつもりだった。木村はなが子供達と会話するときは、半分中国語、半分日本語だった。はなは、子供達に「もしもし亀よ」「鳩ぽっぽ」などの日本語の童謡を教え一緒に歌った(読売テレビによる妹天如へのインタビューによる)。

1934年春に家族は、車を停めることのできる万宜坊内の88号室に引っ越した。001 3階(上の写真)に自分の部屋をもらったピンルーは、学校へは自転車で通学した。姉の真如とは、近くにあるフランス公園(現在の復興公園)の小動物園によく行き、羽を広げた孔雀を見るのが大好きだった。明るく活発な性格の彼女は万宜坊の中でも誰もが知る存在だった。学校の話劇(日本の新劇にあたる)の主役として、図画時報(EASTERN TIMES PHOTO SUPPLEMENT 1931年3月号)の一面で紹介されてもいる(左の写真)。

1931年9月の満州事変につづき、1932年、日本軍と中国軍が上海北部で戦火を交えた。上海での利権の維持、拡大を狙う日本と、ドイツ軍からの援助、指導により準備万端整った中国国民党軍の間での挑発合戦の結果である。この上海事変に勝利を収めた日本軍は少しずつ上海での存在感を増していった。それにつれ、日本軍、日本人に対する中国人の反感は増しており、ひんぱんに抗日集会が開かれるようになっていた。日本人通学児童に対する投石が相次いだ。満州事変1ヶ月後に出された対日経済断交の内容は下記の通りである(「ドキュメント昭和」角川書店 より)。

1.日本商品を買わず、売らず、用いず

2.原料、いっさいの物品を日本人に供給せず

3.日本船に乗らず、荷揚げせず、積荷せず

4.日本紙幣を受け取らず、取引せず

5.日本人と共同せず、日本人に雇われず

6.日本新聞に広告せず、中国紙に日本商品の広告を載せず

7.日本人と対応せず

これらに違反した中国人は、

1.反日救国会の懲戒委員会で審査

2.罪重き者は漢奸(売国奴)として死刑

3.懲戒は、貨物没収、財産没収、町を引き回し、売国奴衣装着用、三角帽子着用、罪名を記した布を胸につける

といった罰を受けた。

ピンルーが弟二人を連れて、街角で満州事変に抗議する反日ビラを配ったのは、この頃のことである。ある日、鄭家にミシンがいくつも届いた。ピンルーはクラスメートと一緒に服を縫い始めた。負傷兵に提供するのだという。ピンルーは日本人を母に持つ自分ら家族が抗日中国人であることを証明するのに必死だった。

ピンルーはキリスト教系の大同大学付属中学(6年制)を卒業すると1933年9月民光中学(6年制)に19才の時に編入した。民光中学は、蒋介石の地下工作組織CC団が作った学校とも言われている。父親の転勤などもあってか、翌1934年に一旦休学したようだが、1935年9月に復学。その時の名簿の一部を読売テレビの「鄭蘋如の真実」で見ることができたが、学生の年齢層がピンルーの21才から32才の男性まで広がっていた。民光中学は6年制中学校であるが、社会人も多く在籍していたようである。

Photo_6 1936年2月、ピンルーは民光中学の商科3年を卒業、姉と同じ上海法政学院の2年生として入学、法律を学び始めた。そのころピンルーの弟二人は日本に留学していた。上の弟、海澄は、名古屋飛行学校でパイロットになるべく飛行機の操縦を学んだ。

Photo_7

下の弟、南陽は成城学校で日本語を学び医学学校受験の準備をしていた。明治18年創立の成城学校は、1934年までに1,377名の中国人留学生を受け入れていた。ちなみに成城学校のある牛込柳町を1kmほど北に行けば、父母が住み、姉ピンルーと兄海澄が生まれた早稲田鶴巻町である。南陽も家族が平和に暮らしていたこの町に住んだ可能性がある。

0(名古屋飛行学校での鄭海澄。民国26年、西暦1937年3月撮影)

Photo

1937年7月、北京郊外の盧溝橋(ろこうきょう)で日中の正規軍が交戦した。8月にはドイツの協力を得て戦争準備を整えていた蒋介石国民党軍の先制攻撃により、上海でも戦端が開かれ、ついに日中戦争が始まった。国民党政府から、日本人を妻に持つ中国人は、妻を日本に帰国させるよう命令が゙出た。テンエツの妻、木村はなは日本に帰国しなかった。それどころか、はなは、日本留学中に軟禁状態になってしまった息子二人、海澄と南陽を連れ戻すために、いったん日本へ入国、1937年10月、息子達を密航同然の状態で船で上海に連れ戻した。海澄は帰国するとすぐ中国空軍に入隊した。入隊直前、彼は結婚し、生まれた子供が現在もしばしばインタビューに答えている鄭国基氏である。

しかし、海澄は入隊後、姉ピンルー宛てにこんな手紙を書いている。

「また給料がもらえそうにありません。こうなったら陸軍にでも入って、日本軍と本格的に戦わないといけないみたいです」

彼は、日本人の血統を持ち日本に留学していたため、いわれなき差別に苦しんでいたのだ。日本に銃を向けられるのか疑われ、入隊審査が長引いたのである。

(上の写真は海澄と南陽を船で日本から中国へ連れ戻す時の母親木村はな。後ろに立っているのが海澄)

Photo

(上海一の発行部数だったグラビア雑誌「良友」1937年7月号の表紙を飾ったピンルー)

Photo_4 (ピンルーは名前が載るのを希望しなかったため目次には鄭女士とだけ紹介されている)

1937年8月13日に始まった上海での激しい戦闘はギリギリのところで日本が勝利をおさめ、そのままの勢いで、首都南京を陥落させた。日本軍の進撃に伴い、中国側におびただしい数の死者、けが人が出、家屋は崩れ落ちた。猛烈な反発がおきた。反日宣伝が抗日新聞や抗日ラジオで連日激しく報道され、街頭のいたる所で反日集会が盛り上がり、スピーカーからは怒鳴り声が聞こえた。

日系ハーフであるピンルーにはクラスメイトからの注目がいやがおうにも集まった。それは徐々に深刻ないじめ、差別へとエスカレートした。不登校がちにもなったようである。ピンルーの甥、鄭国基氏(1939年9月生まれ。鄭海澄の子)は、生まれてから9年間母親代わりになって育ててくれた木村はなから聞かされていたのだろうか、日本テレビの取材に対しこう答えている。

「テンピンルーは、父親の国を愛し、母親の国を愛していました。しかし、ハーフであることは隠しても隠しきれないことでした。学生時代、まわりの人に、日本人の血が入っていることがわかると、石で殴られたり、ひどいいじめにあったといいます。私たち家族は、いろいろな人から誤解され、悲しい思いをしました」

また、許洪新氏の取材に対して、祖母木村はなに対する差別の実態もこう話した。「向かいの建物から空気銃で撃たれたり、日本人の祖母は物を投げつけられたり、小日本(日本人野郎)となじられたりしました」

Photo

1937年末、上海法政学院に在学中のピンルーに、同じ学校の卒業生である嵇希宗(けいきしゅう)が近づいてきた。彼は蒋介石国民党の反共地下工作組織である「CC団」(Central Clubの略。中統とも言う)のメンバーで、上海区情報組外勤という肩書きを持ち、CC団のリーダー陳立夫、陳果夫兄弟のいとこの友人にあたる人物である。CC団の上海方面の責任者である陳宝驊(ちんほうか)は、テンピンルーが日本の情報を取得するのにまたとない人材だと判断しており、嵇希宗に彼女をCC団の情報提供協力者として採用するよう指示したのだ。

厳格な家庭教育をほどこしていた父テンエツは、子供がつき合う友人に厳しい目を光らせていたが、父テンエツは、陳立夫と同じ革命党の仲間だった縁があったので、嵇希宗は鄭家に出入りする事が許された。

「中国のため役に立てるかもしれない」・・・

「自分が中国人であると認められたい」・・・

「日本軍がいなくなれば、反日運動も終わる」・・・

いろいろな思いがよぎったことであろう。ピンルーは嵇希宗への日本側情報の提供を約束した。そして徐々にCC団や、蒋介石国民党軍系で抗日地下工作組織「蘭衣社」(軍統とも言う)とのつながりを深めていった。ただし当時のCC団、蘭衣社の名簿には、ピンルーの名前はどこにも載っていない。彼女は正式な地下工作員、スパイではなく、嵇希宗に情報提供をする運用メンバーだったようである。彼女は工作員としての専門的な訓練は受けておらず、逆にそれが、誰に対しても自然な振る舞いとなり、相手に警戒感を持たれない結果となった。

0017(ピンルーと上の弟海澄、下の弟南陽)

ピンルーは、鄭家とほぼ同じ時期に日本から中国へ渡ってきた母方の親族(注:妹天如によれば彼の姓は「阪」といったらしい)と一緒に、秘密裏に開かれる反戦日本人の会議に参加するなど、日本側の情報人脈を少しずつ広げていった。

1937年12月には、日本の中支派遣軍特務部が上海の日本人地区、虹口(ホンキュウ)の日本人倶楽部に設けた「大上海放送局」というラジオ局のアナウンサーになった。北京語、上海語、広東語、英語などを話せる募集条件を満たし、日本語もわかるため、母親木村はなが特務部放送班責任者の金子少佐にかけあった末に採用されたのである。ただしニュース報道の内容は、日本軍の正当性と、蒋介石国民党の不正行為を、中国人向けにアピールするものであった。これは、ただでさえに日中混血、すなわち親日、漢奸と疑われがちなピンルーにとって一面、つらい仕事だったと想像できる。

甥、鄭国基氏によれば、ピンルーは小さい頃から歌と演劇が好きで、ラジオでは報道だけでなく、歌も披露していたようである。日本のラジオ局の仕事は、漢奸とみなされる危険を避けるために自ら辞めたのか、あるいは逆にCC団とのつながりを日本側から疑われたのか、1938年の5月か6月には辞めているようである。しかし、日本人特務部員との人脈を広げる目的は果たせたようである。また、蔡徳金の「汪偽特工総部口述史」には、駐支派遣軍報道部新聞検閲室でも働いていたとの記述がある。ここは地元新聞の記事から反日的なものを見つけ出し、圧力をかけるための部署である。

ピンルーはラジオ局に就職する少し前、日本軍がドイツ大使館トラウトマン大使を通じて行った極秘の和平交渉、いわゆるトラウトマン工作(1937年11月〜1938年1月)の情報を、日本の反戦和平派、陸軍特務の総務部第一班(思想班)の花野吉平に伝えた。日本側ではごく一部の者しか知らなかった工作である。花野吉平は、1937年10月の思想班発足と同時に配属された日本側の工作員である。赴任からそれほど日を置かずにテンピンルーと知り合っていたようだ。おそらく前述の母方の叔父の反戦会議で知り合ったのだろう。花野はピンルーのことを、その著書「歴史の証言」で、蒋政府中央情報局工作員鄭蘋如、と表現しているが、ピンルーが嵇希宗の配下に入ったのは1937年末なので、花野と最初に会った時はまだ個人的な身分だったと思われる。

花野のように日本軍内部も、汪精衛の傀儡(かいらい)政権樹立派以外に、わずかながら蒋介石国民党との直接和平交渉、ならびに撤兵を主張する反戦和平派が存在した。尾崎秀実(おざきほつみ ゾルゲ事件で死刑)が、近衛文麿首相に提案してできたこの特務部思想班は、近衛の腹心であり停戦交渉の密命を帯びていた早水親重も配属になっていることからも、秘密裏の反戦組織であったと思われる。

ピンルーは、日本の謀略組織、影佐機関が、汪精衛(別名、汪兆銘)を利用して傀儡(かいらい)政権樹立工作を始めたことを初期段階から掴んだ。ある日、最高機密を引き出した。1938年12月、蒋介石に次ぐ国民党ナンバー2の汪精衛が国民党の本拠地重慶を脱出してベトナムのハノイへ移住し、日本政府の要求を飲んだ和平声明を発表をする、というのだ。結果的にはこの情報を受け取った蒋介石国民党がピンルー情報の信憑性を疑って、汪精衛が重慶から脱出するのを阻止できなかった。しかしピンルーの情報の確かさの最初の証明となった。

蒋介石は、刺客として、蘭衣社の陳恭樹ら7人をハノイに急ぎ派遣した。1939年3月の闇夜の晩、彼らは汪精衛の居宅に侵入、暗殺を図った。銃弾は汪精衛には当たらず、彼の秘書が身代わりのように銃弾に倒れた。この一報を聞いた影佐機関は驚愕し、汪精衛を急ぎ上海に連れてくることになった。反日テロの横行する上海では、強力な護衛が必要だった。それが、後述する「ジェスフィールド76号」である。

0021_2 花野吉平(左の写真)はピンルーの口から、汪精衛工作にうごめく最初期の活動家、伊藤武雄、西義顕、松本重治の名前を聞いて驚いた。花野は、日本軍部の動向は中国人工作員から教えられることが多かったと「歴史の証言」に記述している。

花野はピンルーの家族とも個人的な親しい付き合いをするようになっていた。歴史家の許洪新氏によると、花野が1970年代にピンルーの妹天如や甥国基氏らとやり取りした手紙の中に、「私は鄭先生夫妻に家族同様に見なされて、夫妻から中国社会の中でとても役立つ教戒を得ました」と書いてあったようである。また花野は、1935年武官時代の影佐禎昭が、上海で暴動を誘発し、鎮圧の名目で日本軍の勢力を拡大しようとした謀略なども、テンエツから聞いた。

医者を目指していた次男南陽が1945年、満州にある日系の奉天医大病院での医学研修を希望すると、花野は奉天のヤマトホテルまで一緒に行き、日本人の友人に南陽の世話を託したりもしている。南陽は囲碁が得意で、花野や特務部経済担当の岡崎嘉平太(後の全日空社長)は彼の囲碁仲間であった。花野はピンルーの死後、テンエツまでもが病に伏したとき、鄭家が受け入れた日本人二人のうちの一人だった(もう一人は花野の仲人も務めた肥後大佐と言われている。彼の名は1938年3月29日作成の中支那放送委員会章程の委員会メンバー表に、「海軍側 肥後中佐」として出てくるので、ピンルーとは大上海放送局つながりと思われる)。花野はピンルー、そして父テンエツの死後、残された鄭家の保護に最善を尽くした。

Photo

Weidahotel_2 (上:花野とピンルーが会合に出席した偉達飯店がアヴェニュー・ジョッフルの左側に見える。1930年代後半、「ラストコーション」の原作者、張愛玲も住んでいた。下はそのエントランス。英語でWEIDA HOTELと呼んだようだ。1999年解体)

花野は、中国側工作員との情報交換を進めるなかで、憲兵隊に逮捕されている中国人の救助を依頼されるようになり、多数助けていた。憲兵隊の一部には花野の動きに賛同する者がいたのだ。ある日、花野は救出のお礼にと、フランス租界ジョッフル通りにある偉達飯店(いだつはんてん)での会食に誘われた。

出席者は日本側が花野のほかに特務部思想班から班長の三木と、早水親重、中国側がCC団軍用犬訓練士官、上海新聞学校の陳則高、新四軍(中国共産党軍)代表者など全部で8名。陳則高は比較的共産党とも親しく(注:1937年9月より国民党と共産党は抗日合作をしていた)ピンルーは、共産党側とも連絡を取っていたようである。ピンルーと、弟の南陽が通訳を務めた。花野はそこで和平に向けての活動方針を堂々と述べるのだった。ちなみに、戦後の漢奸裁判で裁かれていた丁黙邨(後述)は、「ピンルーと花野は親友(注:原文では密友)のつきあいだった」と被告人弁論で述べている。

2 1939年2月、ピンルーが嵇希宗(けいきしゅう)への情報提供を始めてから1年半ほどたった時である。日本の前の首相、近衛文麿の息子で、父の秘書官を勤めた近衛文隆(1915〜1956)が、東亜同文書院という上海にある日本人向け大学に学生主事として赴任してきた。2月10日、ピンルーは、日本人の知人の紹介状を携えて、東亜同文書院を訪ねた(この紹介者は近衛文麿が和平交渉役として送り込み、小野寺機関に属した早水親重という説もある)。文隆の相談相手を兼ねる小竹文夫教授から、「見知らぬ中国人とは面会しないよう」アドバイスされれていた文隆は、訪れてきたピンルーに婉曲に交際の断りを入れた。

しかしピンルーはあきらめず、二度目に訪れた帰り際、小竹教授に手を合わすようにして訴えた。

「私は母が日本人なので日本が大好きであり、もっと日本語を習い、日本のりっぱな人と交際してみたいのです。近衛さんと交際するのを許してほしい」

0_3これは、文隆から情報を取ろうという意図からの発言だと疑うことは容易である。しかし全てが嘘とも思えない。なぜなら文隆は機密情報はほとんど持っていなかったからである。小竹教授の回想(「近衛文隆追悼集」)によれば、

「その令嬢は見たところ実に可憐な女性で、家内なども性の悪い人とはとても思えぬと言う」

そういう印象であった。小竹氏の妻もピンルーとの面会に同席していたようである。小竹氏は続けて、

「彼女がスパイであり、何か目的を持って文隆さんに近づこうとしたのだとしても、何の効果も得られるはずがなく、また実際に何の関係もなかったのであるが」

と述べている。

建国大学教授中山優氏や、学習院時代の同級生で同時期に上海に赴任していた海軍士官立花忠輝によると、プリンストン時代に人気者であった文隆には、中国人同窓からの交流の誘いも多く入ったようである。文隆が上海の名門子弟やジャーナリストグループらと交流を始める中で、小竹氏は文隆とピンルーの交際を見守ることになった。ピンルーと文隆の短い交際はこうして始まった。

3 文隆が米国プリンストン大学留学中に覚えた社交術は、上海でもいかんなく発揮された。上司を敬い純粋な素直さを持つ文隆(小竹教授による)には、あけっぴろげで遊びなれたところがあった。文隆は清楚で明るい性格のピンルーと気が合った。ピンルーも、他の日本人に無い高貴さと気の置けない快活さを持つ文隆に興味を持ったのであろう。二人は親しく交際するようになり、一緒の時を過ごした。文隆は、5月9日付けで幼なじみ細川護貞宛の手紙にこう書いている。

「同文書院とは実にうるさい所だ。職員の奥様連中、有閑マダムばっかりなもんで、話題がないので俺がいつも槍玉にあげられる。しゃくにさわって、今度は一つグーとやっつけてやろうと思って、一昨日学校の運動会の折りに一支那美人を招待して、いともねんごろなところを見せつけてやった。今果たして大問題になって彼女の身許調査をやっとるらしい。愉快愉快」

この手紙の「一支那美人」がピンルーを指すと推測される。またこの短い文面からは彼はピンルーの身分を知っていたふしがある。

ちなみに、ピンルーは中学高校時代を過ごした大同大学付属中学の同窓会パーティーで王漢勲という空軍パイロットと1937年に知り合い交際を始めている。しかし、その後すぐに第二次上海事変がはじまり王漢勲は上海から離れた空軍基地に勤務となった。仲睦まじい手紙のやり取りを経て、1939年春に王漢勲はピンルーに香港で結婚をしようと申し込んだ。ところがピンルーは、「戦争が終わるまでは・・・」、と返事を濁したようである。ちょうど文隆に出会った頃のことである。(王漢勲については、「上海防空戦 1~8」を参照←クリック)

ピンルーは、日本陸軍参謀本部のロシア課が送り出し、小野寺機関の長となって日中和平を実現させようと動き始めていた小野寺信(マコト)中佐にも近づいていた。ピンルーは小野寺には主に共産党情報を提供していたが、蘭衣社とも特別なルートがあるといって、とある蘭衣社工作員を小野寺に紹介した。この人物は、さらに蘭衣社のリーダーであった戴笠(タイリー)を小野寺に会わせると持ちかけた。この時の蘭衣社工作員に与えられた役割は、汪精衛ではなく蒋介石との直接交渉によってのみ和平の可能性があることを日本側に知らしめ、汪精衛政権樹立を破綻させること、そして米英の対日参戦までの時間を稼ぐことである。

蒋介石はその後も、日本側主流である汪精衛政権樹立派の今井武夫(支那派遣軍参謀)に、和平仲介人として蒋介石の親族と自称する偽者の宗子良なる人物を面会させている。日本側主流にも武力による局面打開が難しいことがもはや分かっており、また汪精衛が思ったほどの力を持たないことを知り、蒋介石との直接交渉にも望みを繋ごうと、二股をかけていたのである。

小野寺は、それまでの北欧での武官勤務時代の情報と経験から、蒋介石と日本の首相との直接交渉、そして結局のところ天皇の決断を得ずして泥沼化した日中戦争の終結は無理だろうと考えていた。小野寺はピンルーの紹介したこの蘭衣社工作員の話に乗り、蒋介石の懐刀である戴笠(タイリー)と称する人物と会食した。この戴笠は蒋介石の紹介状を示しながら、「日華和平の具体策について」、という長文の意見書を小野寺に渡し、日本の中央と直接和平交渉を始めたい、と持ちかけた。小野寺はこの意見書を添付して「重慶政府(蒋介石国民党政府)と直接交渉の橋渡しをしたい」と東京に報告書を提出した。


この小野寺機関の動きは、汪精衛政権樹立にのみ和平の望みをかける影佐機関の神経をいらだたせた。憲兵隊特高課長林秀澄は、小野寺の動きを封じることにした。林はジェスフィールド76号の頭目、李士群に依頼して、戴笠の顔写真を入手し、小野寺に会いに行き写真を見せた。そして小野寺に戴笠を指さすように言った。小野寺は、「この写真の中に自分が会った戴笠はいない」、と答えた。

そこに偶然居合わせたという吉田東祐が小野寺にだめ押しをした。吉田は戴笠の顔を知っていたとは思えないが、小野寺が会ったのは偽者だと断言した。吉田は上海憲兵隊から資金をもらって中国側の裏情報を収集していた民間人であり、後に小野寺機関にも属することになった。このとき吉田は林秀澄とは口裏を合わせていたのだろう。小野寺機関と影佐機関の内部抗争はあっけなく影佐の勝利に終わった。ちなみに、小野寺と同様に「偽」の宋子良と和平話を進めていた今井武夫は、主流派に属したためになんのとがめもなく終戦まで南京に留まった。小野寺と今井は、同じように偽の蒋介石交渉人を相手していたわけだが、憲兵隊による扱いは分かれることになった。

林秀澄憲兵隊特高課長は、1939年7月中旬、小野寺機関の宿舎に手入れを行った。小野寺は陸軍大学の教官職へ左遷された。5月下旬に一旦、近衛文隆と一緒に日本に戻り、直接和平交渉を政府上層部に訴えた早水重親も、上海にに戻ったところを逮捕され、汪精衛政権が誕生する翌年4月1日まで、1年間近く地下室につながれた。

この逮捕劇を主導した林秀澄は、早水の釈放に際し、「今まで取り調べもせずに約10ヶ月以上放り込んでおった、これは私の違法行為なんだ。どうぞこれについて文句があれば適法に処置をしていただきたい」と、違法な逮捕を認め開き直っている。そしてピンルーの消息を尋ねる早水に対し、「「今、まだテンピンルーのことをかれこれ言われますとぶち込みますよ」と脅しましたと答えている(林秀澄談話速記録Ⅲより)。



さらに林秀澄は、汪精衛政権樹立の障害除去という理由で、反戦和平活動をしていた陸軍特務部の花野吉平ら思想班のメンバーも1939年5月に逮捕、彼らも取り調べは一切されないまま地下室に1年近く監禁された。

Photo_8 日中和平を切に願う部分においてピンルーと同志のつきあいでもあった近衛文隆は小野寺機関と同調し、彼なりの信念のもと、蒋介石との直接交渉で和平を実現しようと試みていた。彼はアメリカ留学中、蒋介石国民党にによるマスメディア戦略を目の当たりにしていた。日本軍の残虐性を訴える写真や映像を使い、アメリカ人の世論を反日そして対日開戦へと持っていく戦略である。蒋介石の妻、宗美麗の演説や論文も効果的に宣伝された。

文隆はそれまで親しかったアメリカ人達の変化を感じていた。中国との戦争が長引くと、やがてアメリカとも戦わなくてはならなくなるのではないか?上海でも文隆は危機感をつのらせた。日本へ一時帰国する小野寺に、父近衛文磨首相が早期に蒋介石と交渉を持つよう進言する親書を託したりもした。

また、孫文の革命資金の出し手の一人であり、蒋介石とも個人的交流のあった山田純三郎や、英国駐華大使クラーク・カー大使の仲介で、重慶の蒋介石に文隆が直接交渉に行く算段もなされていた。これには近衛文麿ら和平派にとっては正式な直接交渉の糸口を掴むための準備の意味があったろうし、イギリスにとっては日中のこれ以上の戦闘によって自国資産が毀損することを恐れてのことだろう。文隆は前出の細川護貞氏への手紙にこう書いている。

「俺は今実に面白いことをやっとる。政治運動に関係した事で、極秘になって居るから今の所では書けないが、こんなに俺の性に合った仕事は又とあるまい。夏帰ったら話する。上海は実に色々な奴等が色々の運動をやって居るので面白い」

文隆の独自の和平への動きは日本憲兵隊に監視されるようになった。日本政府の主流は、影佐機関が主導し汪精衛を首班とする親日政権、つまり傀儡(かいらい)政権の樹立による現状維持型の和平である。近衛文隆も影佐にとって邪魔者でしかなかった。影佐は外務省上海領事、岩井英一に文隆を日本に呼び戻すような謀略電報を打つよう依頼した。

岩井英一の自叙伝「回想の上海」の中に「近衛文隆の上海からの追放に手をかす」という章がある。岩井の告白によると、文隆の上海での行動について文章を勝手に書き上げ、電報の最後は「近衛文隆の上海滞在は百害あって一利無し」で結び、大使名での電報として日本の外務大臣宛(注:有田外相)に打った。この勝手に書き上げた部分には、その後多くの本に引用されることになった作り話「ピンルーによる文隆誘拐事件」が入っているのだろうが、いまその外交文書を見ることはできない。文隆は5月26日、一旦日本に帰国した。国内でも反戦和平を訴えた文隆は、6月8日、荻窪の自宅に軟禁状態におかれた。有田外相は岩井からの謀略電報を真に受けたようで、6月9日の「木戸幸一日記」によれば、有田外相は電報の内容をそのまま閣議報告したようである。

2_5この閣議にて正式に文隆に帰国命令が出た。父親である近衛文麿は、文隆が徴兵により二等兵として満州戦線へ送られることに同意せざるを得なくなった。満州で兵役を終えた文隆はそのままソ連軍によってシベリアに送られた。過酷な状況の中でも前向きな姿勢を失わなかった文隆は、ロシア語を勉強したり、極寒の中弱ってゆく仲間を励ましながら11年の歳月を収容所ですごした。仲間が続々帰国する中、最後まで残された文隆は帰国目前に病死してしまう(文隆は、ソ連共産党のスパイとなって帰国することを再三にわたり要求されたが、それを最後まで拒んだことによる薬殺という説もある)。戦後、文隆のシベリアでの死を知った岩井英一は回想録の中で、「別に私の電報にかかわりがあるわけでもないが、考えると余り寝覚めのよいものではない」とうそぶいている。

木戸日記研究会による林秀澄談話速記録Ⅲには、早水親重らが逮捕監禁された頃に近衛文隆も捕らえようとしていたことが語られている。少し引用する。

木戸:「その時近衛文隆はどういう?」

林:「これはあまり言いたくありませんけれども、今の鄭蘋如と熱くなってしまいまして、それでその手入れ(注:1939年7月中旬上海での早水親重らの逮捕劇)をする時にはまだひょっとしたらどっかへ隠れているんじゃないかと思っていたんです。ひっつかまえなければいかんと思っておったんですが、どうも調べてみますとこっちがだまされているのかどうか知りませんが、もう上海にはいらっしゃらなかったように思います」    引用終わり

この林の証言からは、憲兵隊が文隆とピンルーの交際をほぼ把握していたことが伺える。

文隆は5月26日に早水親重らと帰国していた。6月には青年同志会という、新たな中国認識を持って政治活動をする会を起ち上げ再起を図ろうとしていた。早水にも入会を誘っている(近衛文隆追悼集より)が、逆に早水によって事態の深刻さをさとされ思いとどまった。文隆はついには全ての政治活動を閉ざされた。

ピンルーは、こうして花野吉平、近衛文隆、早水親重などの日本側反戦和平派の同志でもあり、同時に情報源でもあった日本側人脈を一気に失うことになった。そんな彼女が次に交際していく人物は、意外なきっかけで決まることになる。

「日中戦のはざまで テンピンルーの悲劇 後編」に続きます。

主な参考文献は、上記リンクに記載しています

|

« 「涙の虹」と上戸彩「李香蘭」 | トップページ | 日中戦のはざまで 鄭蘋如(テンピンルー)の悲劇 後編 »

テンピンルー」カテゴリの記事

コメント

ここからスタートしました、少しづつ自分でも調べながら読ませていただきます。

投稿: つくし | 2011年8月18日 (木) 04時09分

スカパーは私も加入しているのでしばらく注目しておきますね。

来年には中国のテレビ局がピンルーを主人公にしたドラマを制作して放映するようです。ピンルーの日記を参考にすると言っているので少し期待。しかし脚本家のインタビューを読むとどうも抗日というのがお好きなようで中国人向けになりそう。テレビドラマとなると視聴率という要素が入ってきてしまいますからね。http://www.wowa.cn/T_view_inf.asp?view_id=40238

投稿: bikoran | 2008年2月24日 (日) 21時53分

 確かに、事実を見究めるのは難しいですね。部外者にはわかりえない世界ですし、関係者は深く関わっていればいるほど口外したくないことも多いでしょうし。この件に限らず、語り手の立場によって歴史は大きく変わってしまうように思います。受け手としては、せめてイデオロギーなどによって都合よく解釈しないよう気をつけねばと思います。
 『上海の女』の視聴方法はわかりません。私はスカパーの「衛星劇場」で放送されたものを見ました(モデルといえるほどは鄭蘋茹に近くないかもしれません、念のため)。

投稿: 本、映画、音楽 | 2008年2月24日 (日) 20時24分

コメント頂きありがとうございます。鄭蘋茹はいろんな書き方をされていたので、とにかく数多く資料をあたってみました。日本では晴氣氏の著書を参考にしている文献、小説が多い気がします。先日「上海リリー」という小説を読みましたがまさに、でした。晴氣氏は事件当日は日本にいたようなのでどうなんでしょうね。かと言って林秀澄氏の速記録を読んでも、当時の身内の関係者や組織を守ろうとしているニュアンスがあったりと、歴史とは本当に「作られる」怖さを感じます。私の記事も私のフィルターを通っているという意味では一つの見方に過ぎません。

本、映画、音楽さんの記事も読まさせて頂きました。「上海の女」、とても興味があります。なにか視聴する方法はご存じでしょうか。

投稿: bikoran | 2008年2月19日 (火) 10時02分

 鄭蘋茹について興味があったので、こんなに詳しく解説していただきとてもうれしいです。
 山口淑子さんが戦後に主演した映画『上海の女』も、鄭蘋茹の事件がモチーフとなっているように思います。李香蘭自身を思わせる歌手を演じていて、とても興味深いです。

投稿: 本、映画、音楽 | 2008年2月18日 (月) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「涙の虹」と上戸彩「李香蘭」 | トップページ | 日中戦のはざまで 鄭蘋如(テンピンルー)の悲劇 後編 »