« 史料の行間を読む | トップページ | 李香蘭、胡錦涛との夕食会に »

2008年4月19日 (土)

史料の行間を読む2

第二次上海事変で勝利した日本陸軍が中国の首都南京で数万人の捕虜と、市民の服を着た逃亡兵と、逃亡兵と疑わしき市民をなぎ倒して占領し、しばらくした1938年夏頃、小野寺信(マコト)中佐が参謀本部ロシア課(ソ連班)より上海に派遣されてきた。小野寺の妻、百合子によると、小野寺は上海時代を振り返って、「自分の人生のうちあれほど心血を注いで張り切って働いた時期はなかった」といいうことらしい。それほどの強い信念を持って日中の和平に動いていた、という実感が彼にはあったのだろう。小野寺は参謀本部のすすめもあって、まず吉田東祐(トウスケ)に連絡を取った。

吉田東祐が小野寺に会った第一印象は、「この人は頭がいいというだけでない、何か本能的に、ものの本質を直感できる人」、というものだ。吉田にしてみれば、日本で共産主義者のレッテルを貼られ、からくも中国に逃げてき、中国で生きていこうと苦闘していたときだったので、小野寺が自分だけが頼りなんだと言ってくれるのに感激しきりだった。自分が日中の和平に役立てる時がついにやってきたのだと。

しかし、彼はとても冷静に人と情勢を見ていた。彼は自問自答している。当時の日中間に早期和平の実現の可能性が本当にあったのだろうか?と。彼の答えは「絶望的」である。日本軍は日本国民に対し、首都南京を落とせば明日にも蒋介石政権は崩壊する、と宣伝していた。今さら譲歩してまでこれと和平を結びたい、などという弱音は吐けなかった。一つの嘘を隠すためにもう一つの嘘がいる。それを隠すためにさらに新しい嘘がいる。日本軍はこうして嘘を重ねるうちにどうにも引き下がれなくなっていたのだ。

そして彼は「その嘘をわかっている小野寺のような人でも、もしそれをあばけば、軍部という組織全体を崩壊させるほどの結果をともなうという考えは浮かばなかったらしい。私はここに権力の座にいるものの、突っ切れない限界を見るような気がした」と言っている。彼は小野寺が自分を雇ってくれたことに感激の涙を流しながらも、エリート職業軍人の限界を見て取っていた。

吉田は計算をしていた。事態が日本に深刻になればなるほど、実は日本にとってはいいことなのだと。それは日本が深刻な状態で降参することによって、現在の軍事政権が倒れることを意味するからだ。このような考えは敗戦主義というらしい。尾崎秀実もそういわれることがあるようだ。しかし、当時の人の本心を把握するのは難しい。

わたくしごとで恐縮だが、子供の頃、かろうじて戦争時代を経験していたわたしの母に聞いたことがある。「戦争に負けて悲しかったでしょ?」と。たしかNHKテレビで皇居に向かって頭を垂れる人々の映像が映ったときに聞いたと思う。母の答えはわたしの予想と違っていた。「日本が戦争に勝っていたらまだ軍国主義が続いているかもしれないでしょ。だから負けて良かったんだよ」

「自分の国が負けた方が良い」。なんと絶望的な考えだろうか。そのように日本国民に思わせる国の運営。最悪だろう。この言葉を母から聞いたわたしは、戦争ごっこでは必ずアメリカ軍機を打ち落としていたし、日本が勝つストーリーばかり作って友達と遊んでいた。でも母親の言葉を聞いて以来、戦争ごっこにまるで熱が入らなくなり、やめてしまった。



|

« 史料の行間を読む | トップページ | 李香蘭、胡錦涛との夕食会に »

日中の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 史料の行間を読む | トップページ | 李香蘭、胡錦涛との夕食会に »