« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年5月の3件の記事

2008年5月28日 (水)

読売テレビ開局50年記念ドラマ「鄭蘋如という女」

なぜかふと思いたって、ひさびさに「鄭蘋如」(テンピンルー))でグーグル検索をかけてみた。ここのブログも上位に出てくる。そして発見した。某プロダクションの所属俳優紹介のページ。そこには、鄭蘋如(テンピンルー)が主役のテレビドラマがついに日本で制作放送されるということが書いてあった。風の便りにそんな情報も少し入っていたのだが、主役を張る女優さんの紹介ページに書いてあったので、ようやく真実味が出てきた。読売テレビ開局50年記念ドラマとして、「鄭蘋如という女」というタイトルの撮影が5月から進んでいるらしい。http://www1.odn.ne.jp/takaseproduction/taksepro%2022%20kocyu%20topics.htm

半年ほどまえの発表で、中国の四川省成都にあるプロダクションが中国国内向けに、30話のテレビドラマを作る、というのは中国語サイトにいっぱい出ていた。場所が場所なだけに地震で制作が順調に行くのか心配であるが、このドラマの中国人監督はピンルーの日記を入手しており、Lust, Cautkionのワンチアチではなく、本当のピンルーを再現すると意気込んでいる。日記を読めるのはうらやましい。しかし、日記に真実を記してあるかどうか。プロのスパイ教育を蘭衣社から受けていたピンルーが日常の行動をドキュメントに残すだろうか、という問題はあるだろう。また、この監督、どうやら普通に抗日映画を得意とする監督らしい。ありきたりのと言っては失礼だが、ありがちな抗日烈士の愛国ドラマになるのではと予想している。

(2011年2月20日追記:この中国でのテレビドラマの話だが、許洪新氏によれば、この監督が日記を入手したという話は全くの嘘で、番組も制作できなかったとのことだ)

一方、読売テレビの方は日本人の脚本になるだろうから、ぜひとも単純な抗日烈士の悲劇、で終わらせず掘り下げて描いてほしいと思う。一人の人物に一つの真実しか無いはずなのだが、それが歴史となった瞬間に後世の読み手による想像力の競争となる。歴史とは恐ろしいことに、欠席裁判の裁判官席に勝ち誇ったように座る者たちによる想像力、創造力、さらには時の権力者による創作、の産物と言える。歴史を扱う者には、真実に限りなく近づく努力は当然のこととして、その対象とした人物への限りない愛情が不可欠だと思う。かく言う私も、ピンルーについてのブログ記事は、愛情不足からか、最初の文章はなってなかった。ちょっと読んだ本の焼き直しにすぎなかった。一度全部削除して、ピンルーに関するありとあらゆる史料を漁り、後日ゼロから書き直した。今後も新たな情報を入手次第書き直す。

はっきり言って鄭蘋如はある意味、李香蘭より重いテーマである。今度のドラマ、どんな脚本になるのだろうか。個人的には大変楽しみだ。

| | コメント (0)

2008年5月10日 (土)

スタート地点に立ったのか

今回の胡錦濤主席の訪問には少し期待していたのだが、期待以上の成果が合ったと思う。特に日中共同声明で、「国際社会が認める基本的かつ普遍的価値の一層の理解と追求のために緊密に協力する」というくだりが入ったことは大きい。これは、「今後は中国も皆さんと同じく人権を尊重していきます」、と言ったわけで、本当にそうなるのであれば今までよりも普通に中国人とおつきあいができるはずだ。チベットの扱いも軟らかなものになっていくことを期待したい。

防衛大学校の校長は名前がなんとお読みするのか、五百旗頭 真、という方らしいのだが、その方が言っていた。これからの日本の基本戦略は、日米同盟+日中協商だと。

日本は核兵器を持つことができないゆえ、日本の戦力は自前で完結しない。究極的ウェポンである核兵器を持つどこかの国と同盟を結ぶ必要がある。アメリカ、ロシア、フランス、イギリス、中国、インド、パキスタン、(イスラエル)。これらのうちどこかと軍事同盟を結んでおかないといつなんどき破滅に追いやられるか分からない。ことのいきさつ上、アメリカとの同盟を続けるというのは現実的選択だろう。

そして今、経済的に中国が台頭してきて、GDPでは日本を近々追い抜く。政治、経済、国土、の3点セット全てにおいて日本より大きな国になってしまう。日本はこの日本より大きく、強い中国との良好な関係をカードとして持っておくべきだと思う。アメリカとの同盟はどうしても片務的な同盟になってしまう。米軍基地が日本にあっても日本の基地がアメリカにあるわけではない。日本が一方的にアメリカに依存した同盟だ。対アメリカの関係で、中国カードが生きてくる時が来るはずである。

中国にはぜひオリンピックを成功してほしいと思う。そして少し精神的にも余裕をもって、日中共同声明の言葉を実行に移していってほしいと思う。










 

| | コメント (2)

2008年5月 9日 (金)

李香蘭、胡錦涛との夕食会に

5月8日の首相官邸で行われた胡錦涛主席との夕食会に、福田首相は李香蘭こと山口淑子女史を招いていたようだ。田中角栄のときの日中国交正常化のときにも感慨深いものがあったという彼女はどんな気持ちで臨んだろうか。彼女はターニングポイントででてくる。今後しばらくは日中が友好的な期間が続くような気がする。彼女がまだ生きててよかったと思った。


で、こんなタイミングでドラマ「李香蘭」の再放送をやったらいいのに!と思う。どうなんでしょうか、テレビ東京さん!










| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年7月 »