« 丁黙邨狙撃事件の新聞の扱い | トップページ | 漢奸裁判史 丁黙邨 1  »

2008年10月26日 (日)

上海の日本語新聞「大陸新報」より

ピンルーが処刑されたと思われる1940年2月前後の大陸新報を見てみた。

この年の上海は記録的な寒さだったようだ。上海事変で家を破壊されたり日本人に奪われた中国人難民の凍死者が、1月28日29日の二日間だけで190名を数え、河向こうには道ばたに凍死体がごろごろしている、という記事があった。「河向こう」とは、日本人地区から蘇州河をガーデンブリッジで渡った向こう側、イギリス、フランス租界のことで、当時の上海の日本人は租界地区をそう表現していたのだろう。日本人地区は豊かで凍死者は一人も出ないのに、河向こうはひどい状態だということが言いたいようである。

一方、日本人地区は内地と同じような木造住宅が増えてきて、租界地区のような重厚な石造り、レンが造りの建物にしないと火事の危険が大きい、我々日本人は木造住宅を建てることを控えないといけない、というような記事もあった。

ピンルーが処刑された日ははっきりとはわかっていないが、一説によると2月1日とも言われている。ピンルーの妹、鄭天如さんは、インタビューで、家族がピンルーの処刑を聞いた日は「2月の冷たい雨の降る日だった」と語っている。上海の2月は東京以上に雨の少ない季節であるが、大陸新報によれば2月1日は冷たい雨だった。夜半からは3年振りの雪となり、翌2月2日いっぱい降り続いた。ピンルーの遺体は降り積もる雪の下に眠ったのだろうか。2月3日は一転快晴となったが、最低気温がマイナス9℃を記録した。記事の脇には雪だるまをつくって遊ぶ日本人地区の子供達の写真が載っている。

また、定説としてこのころになるとジェスフィールド76号の成果によって、抗日テロが収まっていたはずなのだが、毎日のようにテロ、あるいは拳銃強盗の記事が載っている。治安は相当ひどい状態だったようだ。テロは抗日に限らない。1940年1月7日には、上海租界の行政トップの工部局フィリップ総監が車で通勤途上、狙撃されている。租界を拡大する計画を進めていた工部局に対する中国人愛国者のしわざとされていた。

また、2月3日には悲しい記事があった。20代前半の中国人女性が、フランス租界で銃に撃たれた遺体となって横たわっていたという記事だ。最初の記事では身元不明となっていたが、翌日の記事には、工部局警察の調査によって、彼女は蒋介石国民党が上海に送り込んだ抗日工作員だと判明した。彼女にはやはり蒋介石側工作員だった夫がいたが、ジェスフィールド76号に殺されていた。その後彼女は親日政権側に寝返ったために、蒋介石国民党側の手で裏切り者ということで暗殺された、という事件だった。

私はこの記事を読んで、一瞬ピンルーを思い浮かべたが、既婚者ということで人違いだった。しかし翌年1941年に作られた中華電影の映画「上海の月」 を思い出さざるを得ない。この映画のヒロイン袁露糸(エン ローシ)はピンルーがモデルである。その袁露糸は、親日側に寝返ったがために抗日テロで暗殺されるのである。脚本家はこういった事件を参考にしていたのだろう。

2月25日の記事。女優、陳雲裳(1919年生まれ)が、1940年3月30日の汪精衛政権樹立に先立ち、「歓迎 汪精衛の歌」というのを披露したという記事があった。これまでの定説では、李香蘭と共演した「万世流芳」(1944年)が撮影されている頃に、上海に入港した日本の軍艦での式典で花束を贈る役目を果たしたために、親日のレッテルを貼られた、ということであった。「歓迎 汪精衛の歌」は、タイトルからしてそのものずばりの反蒋介石国民党のプロパガンダである。彼女は戦後、これらの理由で告訴され漢奸裁判にかけられたが、無事釈放された。おそらく強制された、ということだろう。彼女はその後香港に渡り、服飾デザイナーとなったようである。

|

« 丁黙邨狙撃事件の新聞の扱い | トップページ | 漢奸裁判史 丁黙邨 1  »

テンピンルー」カテゴリの記事

上戸彩主演ドラマ「李香蘭」」カテゴリの記事

日中の歴史」カテゴリの記事

李香蘭」カテゴリの記事

コメント

いつもありがとうございます。芸に生きるもの、ましてや一般市民は時の執政者が変わっても、自分のペースを変えずにしたたかに、ひょうひょうと生きていく、そんな人がほとんどだったのかもしれませんね。

ちょっと前、漢奸裁判について書こうと関連本をいくつか読んだのですが、ペンが重くなっていまだ書けずに居ます。それは漢奸の行った行為がどうのではなく、勝ち組(蒋介石)による、最初から結果の出ている裁判において、最後の瞬間まで生に執着する漢奸と呼ばれる人間達の、ぎりぎりの弁明があまりに生々しく羅列されていたからです。ピンルーの父テンエツが娘の命を捨ててまで漢奸になる可能性を排除した、この決断は正しかったのか?父親としてどうなのか?この裁判結果をみた限りでは、彼の決断は正しかったと冷徹に判断せざるを得ません。


負け戦の後における人間の取る行動で、わたしが小さい頃から戦記物を読んで知っていたのは、日本軍人の自決というものです。漢奸裁判での弁明と対極にある自決、自分だったらどうなのか、考えてしまいました。東京裁判で自説を主張した後に絞首刑になったシビリアンの広田元外相、出頭前日に自決した近衛文麿元首相、どちらが潔いのかとか。


さて、紹介頂いた二つの本、おもしろそうです。読んでみます。「上海日記」はさきほど発注しました。


投稿: bikoran | 2008年11月11日 (火) 00時02分

いつもながら興味深く貴重な情報ですね。当時の記録を読むと、後の時代に再構成されたものよりもずっと面白い。陳雲裳さんが、1940年3月30日の汪精衛政権樹立に先立ち、「歓迎 汪精衛の歌」というのを披露したという記事ですが、その当時は、彼女だけでなくかなり多くの中国人が、自分の生活を守るために、本音はともかくとして、「勝ち馬の方へついた」といえるかも知れませんね。
 ところで、堀田善衛の「上海日記」お読みになりましたか? 僕は、雑誌に掲載された箇所だけ読みましたが、李香蘭のことも僅かですが出てました。
 また、オランダのノンフィクション作家の書いた
The China Lover という本が出版されたようですが、この本は李香蘭のモデル小説のようです。

投稿: Cosmopolitan | 2008年11月10日 (月) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丁黙邨狙撃事件の新聞の扱い | トップページ | 漢奸裁判史 丁黙邨 1  »