« 漢奸裁判史 川島芳子 2 | トップページ | 漢奸裁判史 梁鴻志 »

2008年11月21日 (金)

川島芳子は生きていた? 李香蘭が語る

実にタイミング良く11月18日18時、時事通信社が下記、情報配信したのでそのまま引用する。写真は、上戸彩演じる若き日の李香蘭と、菊川怜演じる川島芳子(DVD「李香蘭」角川映画より)。

以下引用

旧日本軍のスパイで、1948年に北京で処刑されたはずの「東洋のマタ・ハリ」川島芳子が処刑を逃れ、中国東北地方の吉林省長春市で78年まで生きていたという証言について、旧満州で歌手兼女優の李香蘭として活躍し、芳子と親交があった元参院議員山口淑子さん(88)は18日、

「信じられない気持ちがある一方で、あり得ない話ではない」

と当惑しながらも、

1_4「もし証言が本当なら、あーよかった。心が安らぐ思いがする」

と語った。

 「妹のようにかわいがってくれた」。

山口さんが芳子と初めて会ったのは16歳の時、天津の中華料理店「東興楼」でだった。芳子は

「君も 『よしこ』か。ぼくも小さいときに『よこちゃん』と呼ばれたから、君のことを『よこちゃん』と呼ぶよ」

Photo_7 と最初から打ち解けた。山口さんは13歳年上で、り りしい男装姿の芳子を「お兄ちゃん」と呼んだ。

 「方おばさん」として処刑から30年生き延びたとされる芳子が形見として残したものの中に、李香蘭が映画「蘇州の夜」の主題歌を歌っ たレコードがあった話を知ると、

Photo_5 「そう言えば、お兄ちゃんと最後に博多で会ったときに、李香蘭のレコードを擦り切れるまで聞いているよ、と言ってくれたの を思い出した」。

「生存情報とともにレコードが残されていたということも縁を感じる」

と感慨深げだった。

 Photo_6

清朝の王女ながら日本人の養女となり、日本籍を取得していなかったため、中国人として死刑判決を受けた芳子。中国で生まれ育ち、中国名で活躍した山口さんも終戦後、中国で「売国奴」として裁判にかけられたが、国籍が日本だったため帰国を果たした。

 「国籍という紙切れで、私とお兄ちゃんは運命が変わった」

と山口さん。

「78年まで生きていたのなら会いたかった。でも、隠れて暮らしていたんでしょうから、会えなかったでしょうね。切ない思いもする」

と声を詰まらせた。 

以上、引用終わり

(上戸彩主演、DVD「李香蘭」(発売元:角川映画)はamazon.comなどで購入できます)

|

« 漢奸裁判史 川島芳子 2 | トップページ | 漢奸裁判史 梁鴻志 »

テンピンルー」カテゴリの記事

上戸彩主演ドラマ「李香蘭」」カテゴリの記事

日中の歴史」カテゴリの記事

李香蘭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 漢奸裁判史 川島芳子 2 | トップページ | 漢奸裁判史 梁鴻志 »