« 鳳陽歌の歌詞 ドラマ「李香蘭」より | トップページ | 李香蘭の映画放送予定(チャンネルネコ) »

2008年12月31日 (水)

上戸彩「李香蘭」(再)を見て

上戸彩の「李香蘭」再放送を見た。2年も待ったので、なにか特別なものでも見るような感じがして、一人でちょっと緊張してしまった(苦笑)。

通しでこのドラマを見るのは、たぶん3回目だと思う。本放送、DVD購入時、そして今回。毎回感じ方は変わってくる。

ラストの野際陽子さんの李香蘭、北京の城壁の上で、

「平和を」

Photo_4 とひとこと言って終わる。私は今まで、この言葉を李香蘭こと山口淑子さんの言葉に感じていた。彼女の切なる思いだと。

今回は違った。鄭蘋如(テンピンルー)をはじめとする日中の狭間に否応なく放り込まれた人たち、近衛文隆や花野吉平ら命をかけて戦争回避に動いた若き反戦日本人たち、戦場にしなかったという意味ではつかの間の和平をもたらし、のちに漢奸と呼ばれ処刑された親日中国人たち、そして多くの戦争の犠牲者たち。これらの人々の心の叫びを、野際陽子の李香蘭が代表して言ったのだなと感じた。

平和をどうやって得るのか、保つのか。イスラエルとパレスチナ、アフガンと米軍、イラクと米軍を見ていると武力以外ではなんとかならないのか!?と思う。人間という野生動物にに課せられた永遠の課題である。

さて、話は変わるが、ドラマも映画も一定の時間内に収めねばならない。このドラマもかなりカットされているシーンがあると思う。最もそう思ったのが、李香蘭が東京で児玉さんに恋心を告白する前あたりである。というのも、李香蘭が児玉に対して「幸せにしてください!」と言う台詞が、少し唐突過ぎるからだ。おそらく本来前振りがあるはずである。

そこで、自分なりに付け足してみる。

Photo_3 児玉が、松岡に嫉妬しているのはドラマを見ての通り。かたや護衛役、かたや東大卒、外務大臣の息子である。児玉は李香蘭が好きで好きでしょうがないのだが、李香蘭が松岡に気があるのを知っている彼はおくびにも出さない。彼はメンツを重んじる日本男児。得意なことはやせがまん。李香蘭の護衛役として、「李香蘭の幸せ」を見届けてから安心して戦地に赴きたい。彼の考える李香蘭の幸せ、それは本心とは裏腹に松岡と李香蘭の結婚である。

(以下、類推シナリオ)

児玉は陸軍から召集令状「赤紙」が来たことを車の中で告げる。

そして李香蘭に、

「あなたが幸せになったのを見届けたら・・・・、

私も安心して戦地に行けます」

と言う(棒読み)。

「李香蘭には児玉が一番合っている・・・」

そう確信している付き人の厚見雅子は

「何が安心よ、はっきり言っちゃいなさいよ」

とけしかける。

車内にはしばし沈黙が流れる。

Photo_2 松岡とデートを重ねる李香蘭。いつかはっきりとプロポーズしてくれるに違いないと期待している。しかし、華族の令嬢との縁談など引く手あまたの松岡は煮え切らない。エリート家系の彼の両親や親族は、中国生まれの李香蘭との結婚には反対だったのだ。それが松岡の心を優柔不断にさせていた。

「僕は、今度お見合いをすることになってねえ」

松岡は少し酔っているようだった。

数週間前の熱い抱擁はなんだったのだろう。自分から返事をしろというのか。混乱する李香蘭。彼女は、なんでも気軽に話せる児玉に悩みを打ち明け、松岡からの手紙を見せて相談に乗ってもらうのだった。

「内地で生まれ育った日本女性だったら、どう返事するのかしら・・・」

「さあ、それは。日本人も中国人も関係ないでしょう。あなたの本心を伝えればいいだけです」

赤坂の料亭。松岡は自分が将校としてサイゴンの経理本部に赴任することを告げるため李香蘭を呼び出した。

「サイゴンに赴任することになりました」

李香蘭はうなずいて下を向く。

そして、少し微笑みながら言う。

「お見合いはどうだったのかしら」

2 松岡は真顔になって、

「ごめんなさい。大女優のあなたを、侮辱するつもりは全くなかった。遊びでお呼びしてるわけじゃない」

と弁解する。

李香蘭はきっぱりと言う。

「わたし、自分の気持ちがやっとわかりました」

「どういう?」

「私には大事な人がいたんです」

「・・・・」

「その人に赤紙が来ました」

「そうですか」

「フィリピンの最前線に出るそうです」

「それは大切な時にお呼びしてすまなかった」

李香蘭は付き人の厚見雅子を先に帰し、児玉が運転席で待っている車に息せき切って駆け寄る。いつもは後部座席に乗る李香蘭が、助手席に乗り込む。

児玉は李香蘭が一人なのに気づく。

「厚見さんは?」

「先に帰ったわ」

ややあって、エンジンをかける児玉。

李香蘭はさきほどまでとはうってかわって、

晴れ晴れした表情である。

「うれしくないの?」

「・・・・・・」

予想外の展開に驚く児玉。

「そうだわたし、日本語の本がほしいの。児玉さん、くださらない?」

「ほ 本ならいっぱいあります」

いっぱいいっぱいの児玉。

Photo 児玉は車のギアをローに入れ、赤坂の料亭街の道を駆け登り乃木坂を左折する。歩兵第一連隊と第三連隊の広大な敷地の間を都電沿いに抜け、六本木交差点を渡ると自分のアパートのある麻布狸穴町が近づいてくる。いつもは李香蘭のアパートまで送るのに、今日は逆である。心臓が破裂しそうな児玉。

児玉はアパート前に車を止め助手席のドアを開ける。

「どうぞ。こちらです」

降り立った李香蘭を案内する。部屋のドアの前までついていく李香蘭。二人はドアの前で立ち止まる。いまだかつて女性を部屋に入れたことがない児玉の部屋は、至る所に本が積んであり、空の酒瓶が所在なげに並ぶ。

李香蘭を中に入れようか、本だけ渡そうか一瞬迷う児玉。

「寒いわ。早く開けて」

あわてて鍵をまわし、ドアを開ける児玉。

李香蘭は少しだけ身震いした。

それをさとられまいと手に息を吹きかけながら部屋に入る李香蘭。

(以降ドラマに続く)

山口淑子著の「李香蘭を生きて」によると、実際には赤坂から乃木坂、そして麻布狸穴町まで二人並んで歩いたようだ。そして、李香蘭が児玉の本心を知ったのは戦後のこと。児玉がフィリピン戦線で戦っていた当時のマニラにいた作家、今日出海(こんひでみ)氏から、児玉の最後を聞いた時。アメリカ軍の攻撃に対し、在留邦人を避難させた後、李香蘭の写真の入ったロケットを胸に突撃をして戦死した、という話を聞いた時のことだ。李香蘭は号泣したらしい。

こういうこともあって、ドラマの中で「・・・・人の気持ちが全然見えない、大根女優なんだわ・・・・」という台詞が使われたのだろう。

この作品は角川映画が制作に入っていたことから、映画としての発表も考えられていたのではないか。しかし映画を意図するとさらに半分の時間に収めないといけない。上戸彩の歌う李香蘭の歌もいくつかも削られ、エピソードもほとんど描ききれないあらすじ、となっていたかもしれない。やはり二日に渡る時間は必要だったのだろう。

2009年1月12日追記

Cosmopolitanさんからコメント頂き、上記のシーンにぴったりの李香蘭の歌を紹介頂きました。こちらのリンクからその歌の歌詞と解説を見ることができます。Cosmopolitanさんご紹介の歌のページ 国策とは無関係なこういう歌を聴くと、中国人の純粋な李香蘭ファンが大勢いたというのも納得がいきます。

|

« 鳳陽歌の歌詞 ドラマ「李香蘭」より | トップページ | 李香蘭の映画放送予定(チャンネルネコ) »

上戸彩主演ドラマ「李香蘭」」カテゴリの記事

李香蘭」カテゴリの記事

コメント

makoさん

情報ありがとうございました。記事にしておきますね。

投稿: bikoran | 2009年1月26日 (月) 13時36分

来月、CS NECOで李香蘭特集が放送されます。

上戸彩の「李香蘭」(2/7?)と李香蘭本人の映画(劇場未公開含む3本)です。

特別企画 李香蘭

昭和の初め、戦時下の日本と中国、2つの国を熱狂させた伝説の女優・李香蘭を特集。李香蘭に上戸彩が扮し、その激動の半生に迫った実話ドラマと、実際の李香蘭が出演した貴重な映画作品をオンエア。

●李香蘭●
1920年、日本人の両親のもと、山口淑子として生まれるが中国で育ち、中国人女優・歌手の李香蘭として活躍する。しかし戦争が終わると一転して戦犯の容疑を受け、国外退去となり帰国。その後は日本で芸能活動を再開し、参議院議員も務めた。

『ドラマスペシャル 李香蘭 満州編/上海編』 <CS初登場>

監督:堀川とんこう 原作:山口淑子
出演:上戸彩 橋爪功 名取裕子 菊川怜 中村獅童 沢村一樹 小澤征悦 小野武彦 斉藤陽一郎 金田明夫 中村福助 野際陽子

『蘇州夜曲「支那の夜」より』

監督:伏水修
出演:李香蘭 長谷川一夫 藤原鶏太 服部富子 汐見洋

『私の鶯』 <劇場未公開>

監督:島津保次郎 原作:大仏次郎
出演:李香蘭 黒井旬(二本柳寛) 千葉早智子 進藤英太郎 グリゴリー・サヤーピンワシリー・トムスキー

『蘇州の夜』

監督:野村浩将
出演:李香蘭 佐野周二 日守新一 斎藤達雄 水戸光子

投稿: mako | 2009年1月26日 (月) 02時39分

Cosmopolitanさん

今年もよろしくお願いします。「恨不相逢未嫁時」の歌詞の意味を知りたくて題名で検索をかけたらCosmopolitanさんのブログに行き当たりました。確かにこの曲を児玉とのシーンに流したらぴったりですね。あるいはフィリピンからの手紙を読むシーンで、伴奏だけでなく上戸彩の歌付きで歌詞の訳も字幕で付けたら完全にもらい泣きモードかも。

投稿: bikoran | 2009年1月12日 (月) 09時29分

bikoran様

遅ればせながら、本年もどうかよろしく。

児玉と李香蘭との別れの場面、確かにbikoranさんの創作された部分を入れた方が良いですね。

ついでに僕の要望を言うと、是非とも李香蘭のナンバーから、「恨不相逢未嫁時」
http://jp.youtube.com/watch?v=J1kFP02ZI1w
を伴奏に入れて欲しかったですね。


投稿: Cosmopolitan | 2009年1月11日 (日) 22時55分

初めまして様

ご紹介ありがとうございました。

投稿: bikoran | 2009年1月 9日 (金) 21時48分

歌部分だけですがこんなもの拾いました
本放送と再放送から作った中々の技物です

李香蘭 完全版 歌部分フル

PASS aya
http://www1.axfc.net/uploader/F/so/19912

投稿: 初めまして | 2009年1月 9日 (金) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳳陽歌の歌詞 ドラマ「李香蘭」より | トップページ | 李香蘭の映画放送予定(チャンネルネコ) »