« 演劇の主演をしていたテンピンルー | トップページ | 川島芳子は生きていた?テレビ放送される »

2009年3月21日 (土)

ピンルーのためのアンセム (音楽ミックス)

Shanghai_restration_pro

ピンルーのためのアンセム(聖歌)をミックスで作ってみた。

Shanghai Restoration Project(上海・リストレイション・プロジェクト)という、なぞのプロダクションがあって、当ブログでも「上海人文記 5」 でイメージ写真を使わせてもらっていたが、よくよく聴いてみたら素晴らしい音楽だった。彼らの曲のうち何曲かをピックアップしてピンルーをイメージしながらつなげてみた。

 「ピンルーのためのアンセム」音楽ファイルの置き場はこちら



このプロダクションの説明文はこんな感じ。

’30年代の上海のジャズ・バンドにインスピ レーションを受け、文化の壁を超えた新しい音楽を作り出しているシャンハイ・レストレイション・プロジェクト(SRP)。それは“東の国”の楽器とリズム に“西の国”のヒップホップ・ジャズ・エレクトロニカに取り入れたエキゾチックな融合であり、新たな“東西の出会い”といえる。



これまで小説などでピンルーに付けられてきた形容詞は、女間諜やら、東洋のマタハリやら、毒蛇のようなやらで、せいぜい、美貌の女スパイ、がいいところである。その人生は悲劇的でつらいものだったし、差別に苦しみ不登校にもなった。たしかにそうかもしれない。しかし、彼女のことが少しずつ分かってくると別の一面が見えてくる。

上海というアジア一の大都会で、華やかな世界に憧れ、すこし背伸びをしながらも、平和な世界を求めて、自分にできることを精一杯実行する、明るく活発な少女、という一面である。

今回のミックスはそんなイメージを持って選曲し、つなげてみた。

このブログにアップするつもりだったけど、ココログでは1ファイル1Mbまでの制限がかかってしまった。事実上音楽ファイルはアップできなくなったので、シーサーブログにアップしてみた。お時間のあるときに聴いてみてください。

 


 

 

|

« 演劇の主演をしていたテンピンルー | トップページ | 川島芳子は生きていた?テレビ放送される »

テンピンルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 演劇の主演をしていたテンピンルー | トップページ | 川島芳子は生きていた?テレビ放送される »