« NHK土曜ドラマ「遙かなる絆」スタート | トップページ | 夜来香3年目 »

2009年4月22日 (水)

続 「川島芳子は生きていた!?」

一応タイトルに、!と?を付けさせてもらいました。

(注:4月18日記事「川島芳子は生きていた」を見て に追記をいれております。青字の部分です。ご覧ください。)

2009年4月20日、中国のネットニュースサイトである、「人民網」に、川島芳子の記事が載っていた。人民網は、中国共産党機関紙「人民日報」のネット版である。つまり、国の思想、政策を国民に伝える宣撫、広報機関である。宣撫目的のため、中国人からも「題名と日付しか合っていない」と皮肉を言われる新聞のようであるが、政府、共産党の公式見解を伝えるメディアとしてやはり重要性があるとも見られている。

先日のテレビ朝日の放送と歩を合わせたような記事であったが、独自の内容もあったので、こちらで3つほど紹介したい。もしかしたら、テレビ朝日でも同じ情報を得ていたのかも知れないが、なんらかの理由で、あえて放送を控えたか、本当に時間が無かったか、そのような情報はそもそもなかったか、いずれにせよ放送されなかった部分である。

1. 李香蘭こと山口淑子氏は、「川島芳子以外の何者でもない」と語る?

テレビ朝日の放送では、画家でもある張鈺(ちょうぎょく)さんの描いた方おばあさんの絵をみて、「これはお兄ちゃん」(注:お兄ちゃんとは李香蘭から見た川島芳子の呼び名)だという山口淑子氏の発言を得ていた。しかし、もしこの絵を張鈺さんが、川島芳子の写真を見ながら描いたとしたら、似ていて当たりまえである。これは残念ながらなんの証拠にもなっていなかった。

ところが、人民網の記事では、張鈺さんが山口淑子氏に、方おばあさんの生活習慣や住居、茶室の装飾を伝えると、山口氏は、「それはお兄ちゃんだ」と言ったというのだ。となると話は別である。そして、取材者があらためて山口氏に「方おばあさんは、川島芳子でしょうか?」と訊ね、山口氏が「それ以外考えられない」と答えたというのだ。

山口淑子氏によって15分と制限された取材時間は、結局4時間に及んだという。しかし、山口氏が本当にそう答えたかどうか、我々には確認のしようがない。


2. 筆跡鑑定の結果、方おばあさんは、川島芳子だと・・・

張鈺さんが言うには、方おばあさんは、張鈺さんを描いた肖像画を一枚描いたらしい。そしてそこにはかすかに、”姥留念”(うばの記念、という意味)という三文字が書いてあった。吉林省の筆跡鑑定家である郭相武が、その三文字と、川島芳子が川島浪速に宛てた手紙の文字を比較したところ、癖が一致しており、その癖は、偽者が思いも寄らないものであり、同一人物だと認定したらしい。


3. テレビ朝日の放送では、寺に安置してあった方おばあさんの物と思われる骨片が、なんらかの妨害工作により入手できなかったとなっていたが、実際は、骨片を調査しており、その骨は完全に焼却されていたため十分なDNAが採取できなかったということである。

以上が、テレビ朝日の放送で提供された情報以外の部分である。そのほか、たとえば日本側の骨格鑑定調査の結果なども記載されている。歴史調査は往々にしていいとこ取りをしがちで、海外にそれを見つけると、お互いが知らないうちにキャッチボールをしていることがある。今回の中国側調査の結果は、ほぼ100%、方おばあさん=川島芳子ということのようである。

さて、冒頭にも書いたが、人民網は人民日報なる中国共産党機関紙のネット版である。その記事は、政府・中国共産党の意志、政策、思想を国民の間に浸透させる目的を持っている。この川島芳子の記事はいったいどういう意図があるのだろうか。

あるいは、三面記事的、娯楽的要素を持った記事なのだろうか。もしかしたら政治的な要素抜きに、本当にそうなのかもしれない。

記事は、しっかりと最後に囲みで川島芳子のプロフィールを以下のようにまとめている。あくまで川島芳子は中国にとっては悪人であることでは一貫している。

東方の魔女 川島芳子(1906〜1948)

彼女は敵を味方と取り違えて、日本軍国主義の暴威を頼り、清帝国復活の甘い夢を実現するために日本のスパイになった。“男装の女性スパイ”と称されて、満州傀儡政権を画策する日本と、国民党との間に立って、秘密兵器となった。日本の中国侵略戦争で重要な作用を発揮。満州事変、満州の独立などの重大な秘密活動をして、国内外を驚かせ、第一次上海事変で売国奴的な活動をした。日本の諜報機関の一枝の花。

|

« NHK土曜ドラマ「遙かなる絆」スタート | トップページ | 夜来香3年目 »

日中の歴史」カテゴリの記事

李香蘭」カテゴリの記事

コメント

Cosmopolitanさん

ご紹介ありがとうございます。さっそくyoutube見てみました。便利な時代ですね。画質もいいし。民放はyoutubeでの再利用を前提にスポンサーを募集すればいいのにと思います。

ちょうど蓄音機のところがでましたので、私の記事の追記の意味もおわかりになったと思います。この番組はかなり取材にがんばっていたと評価しているのですが、細部はずさんでした。どうせばれないだろうという姿勢は変わりませんね。でもばれるわけで。その辺は2chとあまり変わりませんね。


でもそれは書物とちがってテレビの特徴であり、放送をきっかけに興味を持った者(私もその一人)は、さらに深く調べればいいわけで、広く浅くの情報提供として、依然としてテレビはすばらしいメディアだなと再認識します。

投稿: bikoran | 2009年5月11日 (月) 23時00分

youtube でテレビ番組の録画が出てますね。
http://www.youtube.com/watch?v=Q7DXU4AHun4

まあ、とにかく面白かった!
その1とその2だけですが、続編も期待したい。ところで、蘇州夜曲のBGMが戦後版(鳥の歌→恋の歌)なのはテレビ局の人が知らなかったのではないでしょうか。映画の中で歌う歌詞のほうが本物ですね。

投稿: Cosmopolitan | 2009年5月11日 (月) 22時16分

Cosmopolitanさん

テレビ朝日のサイト、ご紹介ありがとうございます。電波で流しっぱなしではなく、文字メディアで残すという試みは素晴らしいと思います。

昨今の川島芳子生存説には中国政府が微妙に絡んでいるような気がなんとなくします。 日本人の好きなテーマだと知っていてあえてリークしているような・・・。もしそうならどんな意図が含まれているのだろう。

蓄音機について、気になったので、もう一度調べたら海軍とは関係ないようで、少し前回書いた文章が恥ずかしくなりました。追記をいれました。

テレビはあくまで興味のきっかけを与えてくれるメディア、ということですね。全部信じるわけにいかない。でもそれでいいと思います。テレビは学者の研究発表の場ではありませんから。興味を持ったら自分らで調べるし、いまはブログがあるので、視聴者がこうやって発表できるわけで。これが情報化社会ということなのかな。

投稿: bikoran | 2009年4月26日 (日) 22時51分

私は番組そのものは、見落としてしまいましたので、Bikoran さんの報告、yanagiさん他、皆様のコメントなど実に興味深く読ませて頂きました。テレビ朝日のWEB頁
http://www.tv-asahi.co.jp/d-sengen/sp/index.html
にも詳しい記事が出ていますね。

DNA鑑定とか指紋とか科学的証拠のことは、僕は素人なので皆目分かりませんが、一番興味を惹かれたのは、獅子像に入っていたというメッセージ

芳魂西去 至未帰来 
含悲九泉 古今奇才   
       廣幸
 
秀竹敬具小方閣下

ですね。この詩文を小方八郎氏に伝えることを託していたというのは、まことに小説よりも奇なる物語で、実に面白かった。

たとえ、仮にすべてがフィクションだったとしても、僕はその作者を非難しようとは思いません。つまり、こういう物語や詩文を作った人の気持ちがよく分かるのですね。

すくなくも負のイメージに満ちた川島芳子のイメージチェンジを試みたこと、晩年をひっそりと隠れて生きた「方おばあさん」の姿を通して、公式的かつ一面的な誹謗中傷の闇黒から救出しようとした人が中国にも現れてきたということを評価したいですね。

投稿: Cosmopolitan | 2009年4月26日 (日) 19時54分

yanagiさん

私も本音を言うと、生きていたという証拠よ、出てくれ、という気持ちで見ていました。当初、骨格鑑定を信じましたが、プロットのわずかなズレで大きく骨格が変わりそうなので、これもあやしく、はずれが1%未満というのは大きな1%未満だなという感じです。

あと、李香蘭のブロマイドがおもむろに出てきましたが、あまりのツルピカさに、ちょっとどうかなという感じですね。

「蘇州夜曲」戦後版の歌詞でしたか。そこまでは気づきませんでした。

私は遺品の中では蓄音機が非常に気になっています。あれは海軍の本物と思われます。張鈺さんの先祖の入手経路は、海軍関係者またはそれに繋がる人から直接か、海軍関係者の帰国した後の放出品を入手、あるいは言葉は悪いですが混乱に乗じた掠奪品を入手ということでしょう。骨董品市場には出ないと見ていい品だと思います。

投稿: bikoran | 2009年4月26日 (日) 01時12分

私としては信じたい気持ちがあるんですよね。
エピソードを見ると、今までの謎だらけのイメージと違って人間らしさを感じるし。
これが本当だとしたら川島芳子のことを好きになりますよ。
続報を期待したいところですね。


でもなんで張鈺さんが歌った蘇州夜曲が戦後バージョンなんだろうと思います。
李香蘭のレコードは昭和28年発売だからそれ以降に支援者からレコード貰ってたんでしょうかね
でもそれだったら、番組にも蘇州夜曲のレコードが出てきてもおかしくないと思うんですが。

投稿: yanagi | 2009年4月25日 (土) 19時29分

yanagiさん

私も正直、どこまで信じればいいかいまだにわかりません。ただ山口淑子氏が、張さんの来訪を100%歓迎、というわけではなかったところが答えなのかなと思います。山口氏としては番組成立のための精一杯の発言をしていたと思います。元メディア側にいた人の条件反射というかサービス精神というか。

もし真実であれば、本にしてもいいくらいの内容なのですが、たぶん一発もののような気がします。民放の目的はスポンサーマネーと言ったら見もふたもありませんが、番組プレゼン資料が目に浮かんでしまいます。

とは言うものの、100%肯定もできないが、完全否定もしきれない、歴史への興味をさらに沸かせるという意味では、素晴らしい番組だったと評価しています。

投稿: bikoran | 2009年4月24日 (金) 19時43分

貴重な情報ありがとうございます。
先日の放送は見ましたが、UFO番組のようで
どこまで信じたらいいのかわかりませんでした。
今回中国のメディアに取り上げられたということで、多少は信ぴょう性が高まりましたね。

放送で驚いたのが、川島芳子が「君が代」を踊りながら歌っていた、ということです。
これが本当だとしたら、彼女は心から日本を愛していたのでしょうね。
少し歴史が違っていれば漢奸ではなく、日中の懸け橋となっていた人かもしれない、と思うと残念でなりません。

投稿: yanagi | 2009年4月23日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHK土曜ドラマ「遙かなる絆」スタート | トップページ | 夜来香3年目 »