« 上海防空戦 8 | トップページ | 小野寺機関員、武田信近 »

2010年2月20日 (土)

「上海」-支那事変後方記録より

「上海」-支那事変後方記録、という東宝の映画がある。1938年2月1日に日本で公開されたようだ。そこに第二次上海事変の時の上海防空戦のことを小学校の生徒に先生がインタビューしているシーンがあった。(3分28秒から5分8秒まで)

「上海」・支那事変後方記録2/8 へのリンク ←クリック

以下、その時の会話を文字にしてみた(3分28秒から5分8秒まで)。

Photo 先生    みんな、あのー、今度の事変は怖かったか?

生徒    怖くない!
生徒    怖い!
生徒    怖くない!
生徒    怖い!

先生    怖いか。 渡辺君は、上海事変の時は、どこに避難してきた?

渡辺君   ピアス

先生    ピアスアパートに避難してきた?

渡辺君   うん、はい。

先生    誰と?

渡辺君   ばばも母ちゃんもみんな

先生    そのときはどんな気持ちしたか?

渡辺君   うれしかった

先生    うれしかった?ほー。なぜうれしかった?

渡辺君   わからん

先生    わからん?

   (生徒一同笑い)

先生    怖いと思ったのを、こちらに避難したからうれしかったんでしょ?

渡辺君   うん。

先生    ねー。 
       瀬川君は?瀬川君はどこいたの。

瀬川君   漢口(はんこう)銀行に落っこちたの(注:爆弾が)

先生    漢口(はんこう)銀行に落っこちたの
       見に行ったか

瀬川君   んん?

先生     見に行ったか?

瀬川君   見に行った。それで、あのお、アスターにひとつ落っこちたの。それでアスターのウインドの前に行ったの。

先生     ウインドの前まで行ったのか。

瀬川君   うん。

先生     ほー。どうだ、みんな、支那の飛行機が来たときは怖くなかったか?

生徒     怖くなかった!

生徒     怖くないよ。面白いよ!

先生     ほー、どうしておもしろかったか。

生徒     高射砲撃つからおもしろいよ!
生徒     高射砲撃つから。
生徒     機関銃や高射砲撃つから。

先生     赤い火やら青い火やら飛んだでしょ?

生徒     うん 飛んだ、飛んだ
生徒     その次撃つやつ屋上行って見た

先生     屋上行ったか。そりゃ忙しかったね。
        飛行機の爆撃を見た人手上げてみい

     (生徒一同はい、はい、と言って手を挙げる)

先生     おお、だいぶたくさんあるね。よろしい、手を降ろしてよろしい。

以上

ピアスアパート(中国語で披亜司公寓)は、上海日本人地区に1931年完成の、西洋人向けアパートメントだ。徐々に日本人も住むようになり、上海事変後しばらくして日本人だけとなった。上海事変時は、まだ第三国人(西洋人)が多く住んでいたので、攻撃されないだろうということで、日本人居留民の避難場所になったようである。

アスターに見に行った、と子供が言っているが、ガーデンブリッジの脇にあるアスターハウスホテルのことである。この1937年の年末には日本のラジオ局が日本人倶楽部に出来たが、2月にアスターハウスに移転している。鄭蘋如(テンピンルー)がアナウンサーを務めていたラジオ局である。このホテルは元々はイギリス系の名門ホテルだったが、上海事変後、日本軍御用達のようなホテルになった。子供がアスターのウインドと言っているが、これはなんだろう。窓のウインドウのことだろうか、謎である。

上の生徒達、特に男の子達の受け答えからすると、高射砲による反撃が効果的だったこともあってか、中国空軍機からの爆弾はそれほど驚異とはならなかったようである。爆弾の落ちた跡を見に行く子や、屋上から空襲と高射砲の攻防を眺めていた子もいた。

青い火や赤い火というのはおそらく曳光弾(えいこうだん)のことを言っているのであろう。花火のように光の尾を引き、弾の着弾点を知らせて狙いを定めるためのもので、機銃弾の数十発に一発充填されている。Photo

(写真は2009年2月スリランカの首都コロンボ空爆事件で高射砲が放った曳光弾)

日本人の被った空襲というと、ほとんど反撃できなかった沖縄や日本本土の壊滅的な被害を連想するが、この第二次上海事変時は、高射砲と数少ない迎撃機、しかもフローターをぶら下げた水上機によって中国空軍機が何機も撃墜されており、日本人居留民の人的被害はそれほど大きくなかったことがうかがえる。また、それを日本国内で映画として流すことで、上海に平和が戻ったことを日本国民に宣伝し、上海への復帰を促す、という目的もあったかもしれない。

|

« 上海防空戦 8 | トップページ | 小野寺機関員、武田信近 »

日中の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上海防空戦 8 | トップページ | 小野寺機関員、武田信近 »