« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の1件の記事

2010年6月20日 (日)

殺し屋の本能

ワールドカップ、日本対オランダの試合を見た。オランダがわずかなチャンスをものにしたのに比べて、日本はゴールに迫る回数はオランダを上回ったものの、点を入れることはできなかった。

元日本代表監督のオシム氏が試合後に日本チームを評して語った。

「チャンスがあれば絶対に殺す、という殺し屋の本能が無かった」


つまり、今日の日本は殺し屋ではなかった。あるいは殺す気がなかった、ということだろう。


私はこの言葉を聞いて、やはり1939年12月21日午後6時20分の上海静安寺路でのできごとを思い起こさざるを得ない。


シベリア毛皮店付近に派遣されたのは四人。うち二人がプロの殺し屋だ。残りの二人は監視役だ。

丁黙邨が車を降りた。道路のどちら側に車を停めるかは殺し屋ならわかっていただろう。共同租界はイギリスが統治する。車は左側通行である。車は予定通り店の反対側に止めた。

「絶対に殺す」


という本能があったら、降りる動作中の丁黙邨に対して銃を発射しただろう。不利な姿勢の相手に数発の銃弾が撃ち込まれただろう。

しかし殺さなかった。銃を発射しなかった。


なにごともなく車を降りた丁黙邨は、鄭蘋如(テンピンルー)と並んで、道路向かい側のシベリア毛皮店へ歩き始めた。



「絶対に殺す」


という本能があったら道路を渡っている丁黙邨に背後から忍び寄り、背中に銃を押し当てて仕留めただろう。

しかしそうしなかった。傍観していたというのか?


なにごともなく、丁黙邨とテンピンルーはシベリア毛皮店に入った。



「絶対に殺す」


という本能があったら、この瞬間、店に突入して態勢整わぬ相手に銃弾を浴びせただろう。しかし、二人の殺し屋は中には入らなかった。店に迷惑がかかるのはまずいとでも思ったのか?いずれ出てくるからその時に撃てばいいと思ったとでも?

本当にそう思ったようである。これまでの定説によれば・・・。








なにごともなく、店の中で品定めをし始める丁黙邨とテンピンルー。

と、丁黙邨だけ店を飛び出してきた。



「絶対に殺す」

という本能があったら、殺し屋二人は二つあるシベリア毛皮店のドアに一人ずつ張りついていただろう。そして必ずどちらかのドアから出てくる丁黙邨をその場で仕留めるか、車に戻るまでの間に仕留めていただろう。

しかしこの時の殺し屋はそうはしなかった。定説ではこうなっている。


「丁黙邨は鄭蘋如とプレゼントの品定めに時間を取るのだから、それまでは外でゆっくりしていよう」

と。



いったいぜんたい、相手を間近にしている殺し屋がゆっくりしている暇がどこにあるのだろうか。一瞬たりとも緊張と集中力を切らさないはずだ。しかし、この殺し屋二人は外でゆっくりと煙草をくゆらせていたと・・・。

ありえない。少なくとも「絶対に殺す」と覚悟を決めていたとは思えない。


私は、過日京都で手にした1939年12月21日のできごとの新聞記事を読んで、この殺し屋二人は最初から丁黙邨を殺す気などなかった、としか思えなくなっていた。

オシム氏の言葉を聞いて、それは確信となった。殺し屋はチャンスがあれば絶対に殺すものなのだ。



参照記事:「暗殺未遂事件の記事 2」←クリック








| | コメント (7)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »