« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の1件の記事

2010年10月31日 (日)

中国は大日本帝国を繰り返すのか

田母神氏がすでに中国と日本は戦争状態だと言っている。これはある意味正しいだろう。ソフトパワーによる冷戦、つまり実際には軍備を使用しない外交パワーをソフトパワーとすると、近現代ではソフトパワーによる戦争は「常に行われている」と言えるからだ。


1930年代上海において、テンピンルーがアナウンサーを務めた「大上海放送局」は、大日本帝国が利用したソフトパワーの一つである。

1937年に中支派遣軍は上海に特務部を作りソフトパワーによる戦争をしかけた。彼らの基本理念は、

「日中戦争は中国民衆を敵とするものではなく、蒋介石国民党の軍事的挑発、不法行為を正すためのやむを得ないもの。真の目的は欧米支配から東亜を解放することだ」

であった。

以前の記事にも書いたが、この目的遂行のために、宣伝班の中に、絵画班、映画班、写真班、少し遅れて1937年10月にはラジオ放送を担当する放送班が置かれた。作家の石川 達三、詩人の三好達治、草野心平、音楽家の堀内敬三、評論家の大宅宗一、といった各界のベテランが軍の嘱託として入ってきた。この武器を持たない専門家集団が、新聞雑誌、写真、ラジオなどのマスメディアを駆使して広報宣伝活動をするのである。「上海人文記」をベースとして映画「上海の月」の原作を 書いたプロデューサーの松崎啓次も、嘱託としてこの映画班の中にいたものと思われる。

当時の彼らが一生懸命広報を行っても、国際世論にはまったく通じなかった。日本の大陸、および南方進出の意図が見え透いていたのであろう。資源が無かった日本は大陸と南方の資源がほしかった。主語を日本としたが、正確には、日本人巨大資本家+日本軍閥である。

Photo

(上海周辺の中国空軍基地を攻撃するために出撃した日本海軍空母加賀)

翻って、現在の中国。彼らは海洋進出しようと躍起である。海洋資源とシーレーンの確保が目的だろう。こちらも主語を中国としたが、正確には、中国人巨大資本家+共産党幹部と言えよう。彼らが対日外交で使うソフトパワーの一つがレアアース禁輸、そしてともて異色なことに、官製反日デモである。ところが官製だけでない民間デモが発生するに及んでこちらはやめてしまった。しかもノーベル賞に関連して、国際社会からは、逆にソフトパワーによる反撃にあってしまった。

Photo_2

(中国海軍が上海郊外で建造中の空母の想像図)

海洋進出のちょうどいい位置に尖閣諸島があった。今は、漁船保護のための巡視船のような船が何隻か出てきているが、そのうち現在設計中の巨大空母が尖閣諸島、沖縄周辺を勇躍し、太平洋へと進出することだろう。自分らのソフトパワーの力の無さは彼らは自覚しているようだ。軍備に訴えつつある。ソフトパワー戦争から、軍備を背景とした冷戦となるのは時間の問題なのかもしれない。日本は実質的に、はじめて自国そのもののために日米同盟の意義を考えることになるのかもしれない。


中国は空母の一隻はすでにロシアから購入済み。大連で改修中である。二隻目と三隻目は上海郊外、揚子江にある造船所で建造中だ。



空母建造の狙いは、2007年12月の中国中央テレビの海軍軍事学術研究所李傑氏(大佐)へのインタビューによると、「戦わずして相手を屈服させられる」ところにあるという。

いわゆる砲艦外交だ。テンピンルーの父で上海の主席検察官だった鄭鉞(ていえつ)が担当した「新生事件」は、日本の砲艦外交によって、裁判結果がねじ曲がった事件である。これはまさに、今回の尖閣諸島での船長釈放を彷彿とさせる。粛々と日本の法律のに乗っ取って裁かれるべき船長は、中国側のなんらかの脅しで釈放されることになった。

以下の一文は以前の当ブログ記事からである。
「テンピンルーの父、鄭鉞(ていえつ)と新生事件」より ←クリック

引用開始

日本側は、この新生事件が罰金刑で済まされそうだと知って、上海市政府に圧力をかけた。上海の日本語新聞は中国当局の努力が足りないと書き、国民党に全責任があると主張した。日本の武官(注:1935年当時は影佐禎昭が武官として領事館に詰めていた)は、日本の記者に対し談話を発表、「新生」事件は、「外交以外の手段」でも解決できると言った。

引用終わり

「外交以外の手段」でも解決、というところがまさに砲艦外交以外のなにものでもない。

さらに引用を続ける。

1935年7月9日、第二回が開廷する。その日、完全武装の日本海軍陸戦隊が上海に上陸、示威活動を開始。日本の私服武装兵と暴漢もあちらこちらに展開した。

引用終わり


具体的には出雲を旗艦とした艦隊が上海の黄浦江に現れて威嚇し、日本海軍陸戦隊員を上陸させたのだ。私服武装兵と暴漢を展開させるところなどは、現代中国の反日官製デモを連想させる。


香港フェニックステレビ論説員の何亮亮は言う。


「世界の海域を航行する中国の船舶、各国で発展する中国の企業、海外に住む中国人ビジネスマンは中国海軍の保護を受ける必要がある」




これなどは、1930年代に中国各地の日本人居留民保護のために出兵させた日本軍と重なる。上海であれば海軍陸戦隊、満州であれば関東軍の出兵となる。かれらは自衛目的であった。自衛と攻撃の区別は結局つかなくなってしまったことは歴史が証明している。

国民はどうなのだろうか。中国国民の声はなかなか届かないが、反日一色に染まっていないことは、反日デモの力の無さからもかいま見える。共産党内も胡錦涛や温家宝らの対日本穏健派と、旧江沢民派を中心とした反日派が対峙していることが少なからず伝わってくる。反日ネット世論にかこつけて、右派が勢力を伸ばしていることも伝わってくる。

1930年代の日本も、近衛一派が偽装転向せざるを得なかった(「転向研究」鶴見俊介著による)。今の中国は、胡錦涛、温家宝らが偽装転向せざるを得なくなるかどうかの瀬戸際であろう。温家宝のやさしい表情が無表情になるたびに、彼の偽装の重苦しさを感じざるを得ない。


歴史は単純に繰り返すのだろうか。

それは防ぎようもないのだろうか。

| | コメント (8)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »