« ポイントオブノーリターン4 | トップページ | ポイントオブノーリターン6 »

2013年3月17日 (日)

ポイントオブノーリターン5

クラーク・カー大使が香港滞在を短く切り上げ上海へ急ぐことになったのは、1937年末のあたりから、上海でのイギリスビジネス界への日本側の圧力が急速に強まってきたのと、日本軍による挑発が盛んになってきたためだ。

1937年12月5日、上海南方の街、蕪湖(ぶこ、ウーフー)を日本軍が空襲をした時に、3隻のイギリス商船が損害を受け、イギリス海軍レディーバード号にも砲弾の破片が当たる事件があった。一週間後、再びレディーバード号が挑発を受けただけでなく、ビー号も至近弾を受けた。この攻撃では、アメリカ海軍パネイ号が爆撃され沈没、乗組員に死傷者が出た(日本側は、偶発的な誤爆であると主張)。

一方、1938年1月4日には、上海で日本軍が行進しているときにテロリストが手榴弾を投げ込む事件も発生。日本陸軍上海憲兵隊は、共同租界内の管理強化をイギリスに要請していた。イギリスは、ヒューゲッセン駐華英国大使が日本軍機の機銃掃射を受けて帰国して以来約半年間、大使不在が続いていたため、さまざまな外交交渉で見劣りがしていた。そのような中でのクラーク・カー大使の早期着任要請だった。

1938年2月下旬に上海に着いたクラーク・カー大使は、情況分析に約1ヶ月かけた末に、蒋介石に会う準備を始めた。就任の挨拶ということになる。妻のティタも同行している。ちなみに、日本陸軍上海憲兵隊長の林秀澄が台湾から上海へ異動してくるのが3月1日付けなので、ちょうどこの頃のことだ。



クラーク・カー大使が蒋介石へ会うまでの旅程は次の通りだ。

上海を出て香港に到着、数日間を過ごしたあと、イギリス海軍の砲艦で広東へ。広東からは特別列車を仕立てて、800kmの鉄道の旅で杭州へ。杭州から飛行機に乗って、重慶空港に1938年4月9日に到着。空港からはセダンチェアーの馬車に乗って、急峻なガケを登り、中華民国の首都重慶の官邸街に到着。4月12日、公式に就任披露が行われた。

中華民国は本来の首都南京が日本軍に占領されていたため、重慶を首都と定めていた。

下の写真は重慶での就任披露での記念写真。おそらく蒋介石を除く重慶政府要人らだと思われる。最前列真ん中がクラーク・カー大使。Radical Diplomatより転載

4p3a0498

首都重慶で中華民国政府に挨拶を済ませたクラーク・カー大使は、今度は漢口(現在の武漢)にまで戻らなければならなかった。重慶には蒋介石はおらず、戦場に近い漢口で軍事的な指揮を執っていたのだ。クラーク・カー大使と妻ティタは、今度は揚子江を600kmも蒸気船で宜昌(ぎしょう)まで下り、そこから漢口への約300kmを飛行機で飛んだ。カー大使は、ソ連とアメリカの両大使と会談をした後、ついに4月24日、蒋介石と会談、夕食を共にすることができた。



蒋介石夫人の宋美麗はアメリカで教育を受けていたため、流ちょうな英語で通訳をすることができたことも幸いし、カー大使は蒋介石の考えに好印象を持ったようである。蒋介石側はクラーク・カー大使に対して、イギリスの対中支援が足りないと申し出るとともに、できるだけ長く漢口にいるようにうながした。英国大使がいる間は、日本軍が爆撃をしてこないだろうという算段である。逆に言うと、すでに漢口が、1938年春の段階で日本軍の爆撃の危機にあることを示している。



実際の漢口攻略戦と漢口爆撃は1938年8月から10月25日のことで、日本軍の占領で終わった。同時に、漢口爆撃の人的被害の写真がアメリカで大きくクローズアップされ、アメリカ人の反日意識が高まってしまう結果ともなった。

約5週間の長旅の末、5月1日にクラーク・カー大使一行は上海に戻ってきた。妻のティタにとってはとても重荷となった旅だったようで、彼女はその後の夫、カー大使への同行を拒むようになってしまった。30歳代半ばの彼女にとっては内陸中国で黄砂にまみれるよりは、上海のナイトライフを楽しむ方を取ったようだ。

一方、クラーク・カーは、漢口が日本の攻略作戦に晒されるまでに少なくとももう一度漢口の蒋介石のもとを訪れているようである。

The West Australian 1938年7月1日の記事にはこう書いてある。

Kerrvisithankow19380630

日本語訳

和平の仲介を否定

イギリス大使が語る

香港 6月30日 

駐華英国大使(サー・アーチバルド・クラーク・カー大使)は、本日、漢口へ向かう飛行機の中で、彼が和平の仲介をしているといううわさを否定した。彼はこう言った。「大使というものはポケットの中にいつも平和の旗を持ち歩いているわけじゃないんだよ。」


相も変わらずの和平仲介のうわさ記事だ。今度は英連邦オーストラリアの新聞に出た。英国にもなんとか和平に持ち込めないか、という期待感があり、それがこのような記事に現れるのだろう。

この訪問からほどなくして、蒋介石は漢口を脱出し、重慶を根拠地とせざるを得なくなる。

続く


|

« ポイントオブノーリターン4 | トップページ | ポイントオブノーリターン6 »

テンピンルー」カテゴリの記事

日中の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポイントオブノーリターン4 | トップページ | ポイントオブノーリターン6 »